コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NIRA ニラNIRA

デジタル大辞泉の解説

ニラ【NIRA】[National Industrial Recovery Act]

National Industrial Recovery Act》全国産業復興法。米国のニューディール政策の一環として、1933年制定された法律。初期ニューディール政策の中心となった総合的産業政策。1935年最高裁により、違憲とされた。

ニラ【NIRA】[National Institute for Research Advancement]

National Institute for Research Advancement》総合研究開発機構。昭和49年(1974)に設立されたシンクタンク。21世紀プロジェクトやエネルギー問題などの研究成果を発表する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

NIRA【ニラ】

全国産業復興法National Industrial Recovery Actの略称。1933年米国で制定されたニューディールの一環をなす法律。企業には独占禁止法の適用を停止してカルテル結成を認め,独占資本の利益を擁護し,他方で労働者の団結権や団体交渉権を保障。
→関連項目ヒューズフォード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニラ【NIRA】

全国産業復興法National Industrial Recovery Actの略称。アメリカ合衆国のニューディール政策の一環として,1933年6月に制定。初期ニューディールの支柱ともいうべき総合的産業政策で,景気回復を促進するため,産業部門ごとに公正競争規約という一種のカルテル的協定の締結を認めて,アンチ・トラスト法の適用から除外する一方,労働者の団結権・団体交渉権ならびに最低労働条件を規定して購買力の増強を図り,さらに広範かつ強大な権限を有する全国復興局National Recovery Administration(NRA)を設置して産業界に対する国家統制を強化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NIRA
にら

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のNIRAの言及

【シンクタンク】より

…90年代に入ってからは,地方分権の流れの中で,地域政策の中に民間の発想を取り入れる手段として,地方公共団体によるシンクタンクの設立が目立っている。中立的な立場から総合的に政策研究を推進する機関として,総合研究開発機構法(1973制定)に基づき,総合研究開発機構(NIRA)が74年3月設立された。ここでは,政府,地方公共団体および民間からの出資と寄付による基金をベースに,人間の未来,国際関係,人間環境,経済発展,地域政策などの広範な社会の諸課題について,自主研究・委託研究を行うと同時に,民間シンクタンクに対する研究助成を行っている。…

※「NIRA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NIRAの関連キーワードニューディール諸法ドロマエオサウルステリジノサウルスミクロラプトルオルニトミムスベロキラプトルメイ(恐竜)深山日陰の蔓シティパティオビラプトル地獄(宗教)テタヌラ類トロオドン韮崎(市)アナグラムワグナー法獣脚類ニラク人種泥梨

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NIRAの関連情報