あま[市](読み)あま

百科事典マイペディアの解説

あま[市]【あま】

愛知県西部に位置する市。濃尾平野の中部にあり,南北に大江用水・蟹江川が貫流する。米作や野菜栽培が行われていたが,名古屋市に近接しており近年急激に都市化が進展。2010年3月,海部(あま)郡七宝町,美和町,甚目寺町が合併して誕生。特産である七宝に関する展示・体験施設のふれあい伝承館のほか,尾張四観音の一つ甚目寺がある。名鉄津島線,名古屋第二環状自動車道が通じる。27.49km2。8万6714人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android