おあむ物語(読み)オアンモノガタリ

百科事典マイペディアの解説

おあむ物語【おあむものがたり】

聞書。1巻。正徳年間(1711年―1716年)の成立とされる。石田三成家臣,山田去暦の女(むすめ)(のち雨森儀右衛門妻)の話を筆録したもの。おあむは御庵で老尼の意。1600年の関ヶ原の戦の際の,石田三成の大垣城での体験を回想した話を記録したもの。近世の口語を知るうえで国語学資料としても貴重。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おあんものがたり【おあむ物語】

聞書。1巻。石田三成の家臣山田去暦の女が雨森儀右衛門の妻となって土佐に下り,晩年美濃大垣籠城(1600)の体験を追憶した話を筆録した記録。正徳年間(1711‐16)の成立といわれる。女性による戦争体験記および武士の家庭生活について語った記録として,また近世初期の国語資料として貴重である。《おあん女咄》《安女戦話》など異名が多い。《女流文学全集》所収。【岩沢 愿彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おあんものがたり【おあむ物語】

〔「おあん」は尼の意〕
聞き書き。一巻。石田三成の家臣山田去暦の女むすめが、関ヶ原の戦いの折、大垣城での体験を物語ったもの。「おきく物語」とともに、女性から見た戦争記録として注目される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おあむ物語
おあんものがたり

江戸中期に筆録された物語。1巻。関ヶ原の戦いに父に従い大垣城に籠城(ろうじょう)していた一女性が、年老いてから当時の体験を物語ったもので、筆録者については名前も明らかでない。この女性は石田三成(いしだみつなり)に仕えた山田去暦(やまだきょれき)という者の娘で、落城寸前に父とともに城を脱出して土佐(高知県)に逃れ、そこで結婚したが、夫に死別してからは甥(おい)に養われ、寛文(かんぶん)(1661~73)ごろ80余歳で死去したという。書名の「おあむ」は御庵で老尼の意味であろう。軽微なものながら、口語史上、参考になることが少なくない。[岡本良一]
『杉浦明平著『戦国乱世の文学』(岩波新書) ▽湯沢幸吉郎校訂『雑兵物語・おあむ物語』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android