へばる

大辞林 第三版の解説

へばる

( 動五[四] )
へとへとになる。へたばる。 「なれぬ力仕事で-・った」
くっついている。離れずにいる。 「昼は終日ひねもす女房の鼻の先に-・つて居/浮世草子・好色万金丹」
衣服などが体の出っ張りに引っぱられて、つっぱる。 「我等がやうなふとつたものには尻が-・つて着にくし/洒落本・蛇蛻青大通」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

へば・る

[動ラ五(四)]
へとへとになる。疲れはてる。へたばる。「暑さで―・る」「強行軍で―・ってしまう」
ぴったりとくっつく。また、引っぱられるようにくっつく。
「垂れた乳房を絹寒冷紗のゆかたの地が―・るほど突き出し」〈里見弴・今年竹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

へば・る

[1] 〘自ラ五(四)〙
① くっついて離れずにいる。こびりつく。へばりつく。
浮世草子・好色万金丹(1694)三「昼は終日女房の鼻の先にへばって居」
② からだのある部分が出っぱるなどして、その部分の衣類が引っぱられるようにして密着する。
洒落本・蛇蛻青大通(1782)「かよふな肥満(ふとっ)たものには尻がへばって着憎しと笑はれしも理(ことはり)なり」
③ 疲れきる。力が尽きる。へたばる。〔名語記(1275)〕
※三体詩幻雲抄(1527)「力の弱き者こそちっと重き物をあつかうとては面を赤くしてへばりつなんどすれ」
④ 布地の性(しょう)が抜ける。
※父━その死(1949)〈幸田文〉菅野の記「スフ蚊帳は緯糸も経糸も目寄りがしたり、へばったりして」
[2] 〘他ラ四〙 引っぱる。
雑俳・玉の光(1844‐45)二「ねずみめが、何んぞへばって有ったのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android