コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へばる へばる

大辞林 第三版の解説

へばる

( 動五[四] )
へとへとになる。へたばる。 「なれぬ力仕事で-・った」
くっついている。離れずにいる。 「昼は終日ひねもす女房の鼻の先に-・つて居/浮世草子・好色万金丹」
衣服などが体の出っ張りに引っぱられて、つっぱる。 「我等がやうなふとつたものには尻が-・つて着にくし/洒落本・蛇蛻青大通」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

へばるの関連キーワード立花(福岡県の地名)阿蘇(市)浮世草子へたばる季節の風田中城跡小栗峠洒落本疲れる矢部川

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android