うんうん

精選版 日本国語大辞典「うんうん」の解説

うん‐うん

[1] 〘感動〙 うなずいて承知や同意の意を表わすことば。
※琴のそら音(1905)〈夏目漱石〉「只うんうん云って聞いてる振をして居りゃ宜からう」
[2] 〘副〙 (「と」を伴う場合もある)
① 苦しがってうなるさまを表わす語。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)下「乗手はうんうんわめくにぞ、やれかごの内で自害(じがい)した」
② 力をこめて仕事などをするさまを表わす語。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「書斎の中(うち)で何か沈吟の体(てい)で筆を執って居る。うんうん云ひながら神聖な人になり済まして居る」
[3] 〘名〙 承知や同意の意を表わすために、首を上下に振ること。
※まんだん読本(1932)何故祝ってくれないか〈徳川夢声〉三「『母アちゃんには二たつゐる事を黙ってるんだよ』と囁いたら、ウンウンをして見せた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「うんうん」の解説

うん‐うん

[感]相手の言うことに同意して、繰り返しうなずくときに発する声。「うんうんとあいづちを打つ」
[副]苦しんだり力んだりして、うなるさま。「高熱でうんうん(と)いっている」
[類語]うんはいほいほいほいはあはっええはいはいふうふう奄奄えんえんくたくたへとへとぐったりよれよれげんなりくたっとぐたっとぐたぐたぐだぐだグロッキーばてるへたばるくたばるへばるへこたれる伸びる顎を出す精も根も尽き果てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「うんうん」の解説

】うんうん

水の流れるさま。ことの速やかなさま。宋・王安石〔次韻して陳正叔に答ふ、二首、一〕詩 功名として、求むるも値(あ)ひし 日として、去りて回(かへ)らず

字通」の項目を見る

】うんうん

多く盛んなさま。〔老子、十六〕(そ)れ物はたるも、各其の(もと)に復歸す。

字通「」の項目を見る

】うんうん

気がたちこめて、さかんなさま。孟郊〔寒渓、九首、五〕詩 皎皎(けうけう)として何ぞ皎皎たる として復(ま)たたり 瑞、日を刷(あら)ひ 高碧、星辰を開く

字通「」の項目を見る

】うんうん

気のこもるさま。大地の元気、氤班固〔典引〕太極の元(はじめ)、兩儀始めてれ、烟烟たり~沈錯し、庶す。

字通「」の項目を見る

】うんうん

深々としたさま。唐・元結〔補楽歌、十首、九淵〕詩 至深にして、としての如し 生(きき)たり、孰(たれ)か其の然るを知らん

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android