さしゃんす(読み)サシャンス

デジタル大辞泉の解説

さしゃん・す[動]

[動サ特活]《サ変動詞「す」の未然形「せ」に尊敬の助動詞「さしゃんす」の付いた「せさしゃんす」の音変化か》「する」の意の、丁寧の意を含んだ尊敬語。なさいます。
「どうなりと―・せ」〈浄・大経師
[補説]活用は「せ・し・す・す・すれ・せ」。なお、実際には「せさしゃんす」の例は認められない。

さしゃんす[助動]

[助動][さしゃんせ(さしゃんしょ)|さしゃんし|さしゃんす|さしゃんす|さしゃんすれ|さしゃんせ]《尊敬の助動詞「さしゃる」の連用形「さしゃり(れ)」に丁寧の助動詞「ます」の付いた「さしゃり(れ)ます」の音変化》上一段・上二段・下一段・下二段・カ変動詞および一部の助動詞の未然形に付く。丁寧の意を含んだ尊敬を表す。…なさいます。→しゃんす
「黙って聞いてゐさしゃんせ」〈浄・盛衰記
[補説]近世前期の女性語。「さっしゃす」の形をとることもあり、「さしゃる」よりも敬意が高いという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さしゃんす

( 動サ特活 )
〔サ変動詞「する」の未然形「せ」に助動詞「さしゃんす」が付いた「せさしゃんす」の転。近世上方語〕
「する」の意の尊敬語。動作の主体に対する尊敬の意を丁寧に言い表す。なさいます。 「どう成と-・せ、こちやおさん様にいふ程に/浄瑠璃・大経師 」 〔活用は「さしゃんせ・さしゃんし・さしゃんす・さしゃんす・さしゃんすれ・さしゃんせ」〕

さしゃんす

( 助動 ) ( さしやんせ ・さしやんし ・さしやんす ・さしやんす ・さしやんすれ ・さしやんせ )
〔尊敬の助動詞「さしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の付いた「さしゃり(れ)ます」の転。一説に、助動詞「さしゃる」に丁寧の助動詞「んす」の付いた語とも。近世上方語。遊女語として発生し、女性一般にも用いられた〕
上一段・下一段・上二段・下二段・カ行変格・サ行変格活用の動詞の未然形に接続する。動作の主体に対する尊敬を表すとともに話し相手に対する敬意をも添える語。…なさいます。 「のう旦那殿、起きさしゃんせ/浄瑠璃・天の網島 」 「主の供して出たのをなんの案じさしゃんす事がござりまする/歌舞伎・心中鬼門角」 → しゃんす(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さしゃん・す

〘他サ特活〙 (活用は助動詞さしゃんす」に同じ。助動詞「さしゃんす」がサ変に接続した「せさしゃんす」の意に用いた語。ただし、「せさしゃんす」の例は見られない) 「する」の意の尊敬の意に、話相手に対する敬意の加わった語。なさいます。漢語などに接続して複合動詞を作ることがある。
※評判記・難波鉦(1680)六「わが身にさやうのことなどさしゃんすなや」

さしゃんす

〘助動〙 (活用は「さしゃんせ・さしゃんし・さしゃんす・さしゃんす・さしゃんすれ・さしゃさんせ」。尊敬の助動詞「さしゃる」の連用形に、丁寧の助動詞「ます」の接続した「さしゃり(れ)ます」の変化した語。一説に、助動詞「さしゃる」に、丁寧の助動詞「んす」の付いた語という) 四段・ナ変動詞以外の未然形に付き、尊敬の意を表わす。…なさいます。…しゃんす。語幹が単音節の動詞には「やしゃんす」が付く場合がある。
※評判記・難波鉦(1680)四「さる人がおしへさしゃんしたわいの」
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)中「なふ旦那殿、起きさしゃんせ」
[語誌](1)近世、上方を中心として用いられ、はじめ遊女語であったが、元祿~享保(一六八八‐一七三六)頃には女性一般にも使われるようになった。
(2)「ます」の語性が残存するので、動作者が他称の場合は、聞手に対する敬意を含むのが普通であるが、聞手が対等以下の場合にも使用することがある。対称の動作に使用する場合は、「さしゃる」より高い尊敬を表わす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android