コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さね サネ

デジタル大辞泉の解説

さ‐ね[副]

[副]
(奈良時代は、あとに打消しの語を伴って)少しも。決して。
「さ寝(ぬ)る夜は多くあれども物思はず安く寝る夜は―なきものを」〈・三七六〇〉
本当に。必ず。
「行きてみてあすも―来むなかなかにをちかた人は心おくとも」〈・薄雲〉

さ‐ね[連語]

[連語]《尊敬の助動詞「す」の未然形+終助詞「ね」。上代語》敬意を込めて相手にぜひそうしてほしいという気持ちを表す。…なさいね。
「難波潟(なにはがた)潮干に出でて玉藻刈る海人娘子(あまをとめ)ども汝(な)が名告(の)ら―」〈・一七二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さね

( 副 )
まことに。必ず。 「行きて見てあすも-来むなかなかにをちかた人は心おくとも/源氏 薄雲
(下に打ち消しの語を伴って)決して。少しも。 「立ちかはり月重なりて逢はねども-忘らえず面影にして/万葉集 1794

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さねの関連キーワードおこんじょうるり五重の唐衣徳大寺実規小野宮実資鎌倉右大臣三光院豪空実(建築)波多野金吾西園寺実雄大見実政山科実教北条実政藤原実雄藤原実宗嵯峨実愛三条公修三条実雅一条実雅藤原実房北条実時

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さねの関連情報