コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ジ

6件 の用語解説(じの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ[五十音]

」の濁音。硬口蓋の有声破擦子音[dʒ]と母音[i]とからなる音節。[dʒi]
[補説]清音「し」に対する濁音としては、本来、硬口蓋の有声摩擦子音[ʒ]と母音[i]とからなる音節[ʒi]が相当するが、現代共通語では一般に[dʒi]と発音する。しかし、[ʒi]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは、[dzi](あるいは[dʒi][ʒi])であったかともいわれる。室町時代末には[ʒi]と発音され、近世江戸語以降[dʒi]と発音された。

じ[助動]

[助動][○|○|じ|(じ)|(じ)|○]活用語の未然形に付く。
打消しの推量を表す。…ないだろう。…まい。
「人の心にはつゆをかしからと思ふこそ、またをかしけれ」〈・一三〇〉
打消しの意志を表す。…ないようにしよう。…まい。→まじ
「(双六(すぐろく)ハ)勝たんと打つべからず。負けと打つべきなり」〈徒然・一一〇〉
[補説]連体形の例は少なく、已然形も「こそ」の結びとして用いられるだけである。室町時代以降、「まい」「まじい」に吸収され用いられなくなる。

じ[接尾]

[接尾]体言に付いて、シク活用の形容詞をつくる。
…ではない、…に関係ない、などの意を表す。「時(とき)
それらしいさま、そのようなようす、などの意を表す。「男」「鴨
[補説]2は、一般に「じもの」の形で用いられる。→じもの

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

「し」の濁音の仮名。硬口蓋破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と前舌の狭母音とから成る音節。

( 助動 ) ( ○ ・○ ・じ ・じ ・ (じ) ・○ )
動詞および「る」「らる」「す」「さす」「しむ」などの助動詞の未然形に付く。打ち消しの「ず」に推量の意を加えたもので、確定的に打ち消さずに主観的・未来的・予想的な意が加わる。
打ち消しの推量を表す。…ないだろう。 「梅の花咲きて散りなば我妹子わぎもこを来むか来かと我が松の木そ/万葉集 1922」 「かかる所に住む人、心に思ひ残すことはあらかし/源氏 若紫
打ち消しの意志を表す。…ないつもりだ。…たくない。 「櫛も見屋内やぬちも掃か草枕旅行く君を斎いわふと思ひて/万葉集 4263」 「手塚が郎等をくれ馳せに馳せ来て、主を討たせと中に隔り/平家 7
当然の打ち消しを示す。…べきではない。 「言ひ続くればみな源氏物語・枕草子などに、ことふりにたれど、同じ事また今さらにも言はとにもあらず/徒然 19」 「女出で来て、え出でおはせ。とどまり給へ、といふ/宇治拾遺 1」 〔 (1) 已然形の用例はまれで、係助詞「こそ」の結びとして例がわずかに見られるだけである。「人はなど訪はで過ぐらん風にこそ知られと思ふ宿の桜を/新続古今 春下」 (2) 「じ」は推量の助動詞「む」に打ち消しの意の加わったもので、推量の助動詞「べし」に打ち消しの意の加わったものと見られる「まじ」とは、「む」と「べし」との意味上の差と同程度の差があるとみられる。 (3) 「じ」は、打ち消しの語である「ぬ」(あるいは「な」「に」)と形容詞をつくる接尾語「し」との融合によってできたものといわれる〕

( 接尾 )
名詞や形容詞語幹に付いてシク活用の形容詞を作る。
…に関係ないなどの意を表す。 「川の上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時-けめやも/万葉集 491」 「不喜見、みまくほし-/新撰字鏡」
それらしいさま、そのような様子などの意を表す。 「男じ」 「鴨じ」 〔は、一般に「じもの」の形で用いられる。→じもの

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じの関連キーワードかりこすでえすふうですましじ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

じの関連情報