ちろり(読み)チロリ

デジタル大辞泉の解説

ちろり

[副]動きがわずかであるさま。また、瞬間的であるさま。ちらり。
「小野田が薄目をあいて、―と彼女の顔を見たとき」〈秋声あらくれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ちろり

酒を温めるための金属製の器。銚釐と書き,直接に地炉の灰中で温める意から地炉裏とも書く。多くはスズ,銅,銀,真鍮製。一般に筒形で下方がすぼまり上部につぎ口と取手を付け,湯の中に入れて温める。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちろり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
一瞬見るさま。ちらり。 「 -と見る」
動きがごくわずかなさま。ちらと。 「暁の明星が西へ-東へ-、-、-とする時は/松の葉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちろり
ちろり

酒を燗(かん)するための容器で、酒器の一種。注(つ)ぎ口、取っ手のついた筒形で、下方がやや細くなっている。銀、銅、黄銅、錫(すず)などの金属でつくられているが、一般には錫製が多い。容量は0.18リットル(一合)内外入るものが普通である。酒をちろりに入れて、湯で燗をする。ちろりの語源は不明だが、中国に、ちろりに似た酒器があるところから、中国から渡来したと考えられている。江戸時代によく使用されたが、現在も小料理屋などで用いているところもある。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のちろりの言及

【酒器】より

…一般的なものは,1~2合(1合は約0.18l)用の燗(かん)徳利と,1升(約1.8l)入り,5合入りなどの貧乏徳利で,前者は猪口(ちよこ)と組み合わせて独酌やうちわの小宴に,後者は小買いをする客に対する酒屋の貸容器として利用された。燗徳利は湯に入れて間接的に酒を温めるもので,それをさらに簡便にしたのが注ぎ口と把手をつけた金属製の〈ちろり〉である。これに対して,銚子を簡略化した燗鍋は直接火にかける直燗の容器であった。…

※「ちろり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちろりの関連情報