コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちらちら チラチラ

デジタル大辞泉の解説

ちら‐ちら

[副](スル)
小さいものが飛び散るさま。「雪がちらちら(と)舞いはじめる」
小さい光が強まったり弱まったり、また、細かく揺れ動いたりするさま。「漁(いさ)り火がちらちらする」「画面がちらちらする」
断続して物を見るさま。ちらりちらり。「ちらちら(と)目配せする」
物が見え隠れするさま。「面影がちらちら(と)する」「雲の向こうに頂上がちらちら(と)見える」
うわさなどが少しずつ、また、時々耳に入るさま。ちらりちらり。「ちらちら(と)うわさが耳にはいる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちらちら

( 副 ) スル
小さな軽い物がひるがえりながら落ちるさま。 「雪が-(と)舞う」 「花びらが-(と)散る」
光が小きざみに明滅するさま。また、物がそのように見えるさま。 「漁火いさりびが-する」 「テレビの画像が-する」 「小さな活字は-して読みにくい」
物が見えたり隠れたりするさま。時々見えたり聞こえたりするさま。 「人影が-する」 「子供の顔が-(と)浮かんでは消える」 「悪い噂が-(と)耳に入る」
視線を素早く何回か走らせるさま。 「こっちを-(と)見て通り過ぎた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちらちらの関連キーワードおもな浪花節の演目コール・サックトコトンヤレ節ちらつかせるニュートン環NTSC方式ちらりちらり古今和歌集閃輝性暗点三野友華子唄入観音経ちらめくかげろうちらつく眼球振盪宮部鼎蔵ほらほら白い物ちらり通り者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちらちらの関連情報