コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちらり チラリ

デジタル大辞泉の解説

ちらり

[副]
瞬間的に見たり見えたりするさま。「ちらりと流し目をする」「ちらりと顔を見せただけ」
わずかに聞こえたり聞いたりするさま。「ちらりと耳にした話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちらり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
一瞬ちょっと見えるさま。 「車窓から看板が-と見えた」
その動きが素早い、またはごくわずかであるさま。 「 -と本音がのぞいた」 「 -と一瞥いちべつを与える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちらりの関連キーワード差す・射す・点す・止す覗く・覘く・臨く零れる・溢れる打ち見・打見ちらりちらりちらりほらり小耳に挟むちらりズムめかりうつ片鱗を示すグリンプス行き摩りパンちら斉藤幸恵ちらほらちら見せちらっとちらちら一寸見名宛て

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちらりの関連情報