コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つぐら ツグラ

デジタル大辞泉の解説

つぐら

わらを編んで作った容器保温のために飯櫃(めしびつ)を入れたり、幼児を入れたりする。いずめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

つぐら

乳児を入れておく籠(かご)。保温用飯びつ入れと同形のため,いづめ(飯詰)ともいう。人手のない時,子どもを入れて炉辺や田のあぜに放置し,つるして揺籃にもする。秋田県男鹿半島では桶(おけ)を用い,底にもみがら,灰,むしろ,海藻などを敷く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つぐら

わら製の保育用具。イヅミとか,エジコなどともよぶ。大小いろいろに作って冬期には飯の保温用にも使う。イヅミは飯詰の意である。秋田ではイヅミ,青森・岩手ではイヅコ,エジコ,信州北部から越後にかけてはツグラ,フゴ,佐渡ではコシキ,東海地方ではエジメ,クルミ,三重県ではヨサフゴという。イヅミは多く中部地方から東北地方の寒い地方で使われている。ところによって製法や形が少しずつちがっているが,多くわら製で臼型に作り,底にわらをしきその上にもみがら,木炭灰などをあつくしき,子どもの着ものをまくっておむつのまま座らせふとんで包む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つぐら

わらで編んだ器。飯櫃めしびつを保温のため入れたり、乳児を入れたりするもの。飯詰いづめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つぐら
つぐら

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

つぐらの関連キーワード疋田豊五郎(ひきたぶんごろう)藤原氏(鎌足に始まる氏族)知者の一失愚者の一得組み入れ・組入れ福岡(岩手県)皇太神宮儀式帳北太平洋高気圧荒船 清十郎万里小路充房ウラル系諸族関ヶ原の戦い中米共同市場小笠原長時新撰姓氏録千慮の一得千慮の一失長篠の戦い松平定信墓生活習慣病執権政治

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つぐらの関連情報