コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

だ[五十音]

」の濁音。歯茎の有声破裂子音[d]と母音[a]とからなる音節。[da

だ[助動]

[助動][だろ|だっ・で|だ|(な)|なら|○]《連語「である」の音変化形「であ」がさらに音変化したもの》名詞、準体助詞「の」などに付く。
断定する意を表す。「今日は子供の誕生日」「学生は怠けるべきはない」「熱が高いのなら会社を休みなさい」
「それも遅ければきかない物ぞ」〈雑兵物語・上〉
終止形「だ」を間投助詞的に用いて、語調を強める意を表す。「それは、お前が悪いんだよ」→だろうのだ
[補説]現代語「だ」は室町時代以来の語で、関西の「じゃ(ぢゃ)」に対し、主として関東で使われた。「だ」が用いられる文体は「である」とともに常体とよばれ、敬体の「です」「であります」と対比される。「だ」の未然形仮定形は、動詞・形容詞・助動詞「れる・られる・せる・させる・た・たい・ない・ぬ・らしい」などの終止形にも付く。連体形の「な」は、形式名詞「はず」「もの」などや、「の」「ので」「のに」に連なる場合に限って使われる。

だ[助動]

[助動]助動詞「た」が動詞連用形撥音便、およびイ音便に付く場合の音変化。「読ん」「呼ん」「泳い」→[助動]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「た」の濁音の仮名。歯茎破裂音の有声子音と後舌の広母音から成る音節。

( 助動 ) ( だろ ・○ ・だ ・だ ・だら ・○ )
過去および完了の助動詞「た」がガ・ナ・バ・マの各行の五段活用の動詞の連用形(いずれも音便の形)に付く時、濁音化して「だ」となったもの。 → た(助動)

( 助動 ) ( だろ ・だつ(で) ・だ ・ (な) ・なら ・○ )
〔「にてあり」から出た「である」が「であ」を経て「だ」となったもの。中世末に東国方言として用いられるようになったという〕
名詞・副詞、ある種の助詞、および体言に準ずるものに接続する。また「だ」の未然形「だろ(う)」と仮定形「なら」とは、動詞・形容詞、助動詞「れる・られる」「せる・させる」「ない」「ぬ」「たい」「た」などの終止・連体形にも付く。さらに、仮定形「なら」だけは助動詞「ます」の終止形にも付く。
断定または指定の意を表す。判断したり強く断定したりする。 「彼は学生」 「一足す二は三
事柄を提示するのに用いる。 「それは去年の暮れのこと」 「話はずっとさかのぼった昔の事が、…」
(「活用語+のだ(んだ)」の形で)
原因・理由・根拠などの説明をする。 「校内暴力は、教師と生徒との不信から起こるの
決意を表す。 「絶対ぼくはやめないん
相手の行動を指図することを表す。 「さあ、早く歩くん
(終止形を用いて)強く感情をこめた文をつくる。 「さあ、勉強」 「酒、酒。じゃんじゃん飲もう」
(「お+動詞の連用形+だ」の形で)軽い尊敬の意を表す。 「よく聞いておくれ」 「口ではそうお言いけれど、内心ではどう思っているか」
終止形は間投助詞的にも用いられる。この場合、助詞「な」「ね」を伴って用いることもある。 「われわれは、もっと慎重に、行動すべきなのだ」 「この問題はな(=ね)、こういうふうに解くんだ」 〔 (1) 連体形「な」は一部の形式名詞や「の(ん)」「ので(んで)」「のに」などに連なる時だけに用いられる。「これは悪い事のだ」 (2) 仮定形「なら」は、接続助詞「ば」を伴わないでそれだけで用いられることがある。(ア)文の題目を取り上げる。「山なら富士の山」「見るだけならかまわない」(イ)仮定の条件を表す。「月曜が休日で連休なら、泊まりがけで旅行ができる」「君が行くなら僕も行く」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

だの関連キーワードダーグー(大鼓)無可有郷通信ロングヒットニッティング肉が落ちる榜札・牓札伯耆富士前田利理だんじり大太法師正作田四方棚行倒れ連用形木立ち台引き広母音動物体木匠駄物

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だの関連情報