コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はたり ハタリ

デジタル大辞泉の解説

はたり

[副]
物が軽く当たる音や、そのさまを表す語。
「窓を―と卸す」〈漱石虞美人草
続いていた動きが急にとだえるさま。また、予想外の場面にぶつかるさま。ぱたり。「風がはたりとやんだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたり

( 副 )
はたと 」に同じ。 「思ひ懸けない人に-と出会つた/道草 漱石
軽いものが落ちたり、当たったりする音を表す語。 「見かけたる書を、おぼえず手の中より-とおとすぞ/中華若木詩抄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

はたりの関連キーワード中華若木詩抄園部秀雄鴨足人ぱたり公名

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はたりの関連情報