コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

また逢う日まで またあうひまで

5件 の用語解説(また逢う日までの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

また逢う日まで
またあうひまで

日本映画。 1950年東宝作品。監督今井正。脚本八住利雄水木洋子。出演岡田英次久我美子。ロマン・ロランの『ピエールとリュース』をもとに,若い愛を無残に引裂く戦争への呪いを,独特のリリシズムをもって描いた作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

またあうひまで〔またあふひまで〕【また逢う日まで】

今井正監督による映画の題名。昭和25年(1950)公開。戦時中の若者たちの悲恋を描く。窓ガラス越しのキスシーンが有名。出演、岡田英次、久我美子ほか。第24回キネマ旬報ベストテン日本映画ベストワン作品。第5回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

また逢う日まで

1950年公開の日本映画。監督:今井正、脚本:水木洋子、八住利雄。出演:岡田英次、滝沢修、河野秋武風見章子、久我美子、杉村春子ほか。第24回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第5回毎日映画コンクール日本映画大賞受賞。第1回ブルーリボン賞作品賞、監督賞受賞。

また逢う日まで

日本のポピュラー音楽。歌は男性歌手、尾崎紀世彦。1971年発売。作詞:阿久悠、作曲:筒美京平。第13回日本レコード大賞受賞。同年オリコン年間シングルチャート第3位。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

また逢う日まで
またあうひまで

日本映画。1950年(昭和25)。今井正(いまいただし)監督。東宝争議終了後の製作再開第2作目。フランスの小説家ロマン・ロランの『ピエールとリュース』をもとに水木洋子、八住利雄(やすみとしお)(1903―1991)が脚色。戦争末期、空襲下の東京の地下鉄ホームで、大学生の田島三郎(岡田英次(おかだえいじ)、1920―1995)は画学生の小野螢子(久我美子(くがよしこ)、1931― )に出会う。二人は偶然再会し逢瀬(おうせ)を重ねるが、やがて三郎に赤紙(召集令状)が来る。螢子は約束した駅で待っているが、そこへ空爆の音が轟(とどろ)く。螢子が亡くなったことも知らずに三郎は出征する。螢子の描いた三郎の肖像画は戦後まで残った。それは二人の愛と死を象徴して切ない。外にいる三郎が窓の内側の螢子と硝子(がらす)越しに接吻(せっぷん)する場面は、その哀切さで観客を熱狂させた。戦争の残酷さや軍国主義の愚かさと対比的に、若い男女の純愛を描き出し、多くの支持を集めた。久我美子と岡田英次はこの映画を機に演技に目覚め、スターへの道を歩み始める。今井正の評価は『青い山脈』(1949)に次いで高まった。キネマ旬報ベスト・テン第1位。[坂尻昌平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

また逢う日までの関連キーワード仇討白い崖真昼の暗黒夜の鼓愛と誓ひ怒りの海女の顔女の街由起子われらが教官

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

また逢う日までの関連情報