まど みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

まど みちお

1909-2014 昭和-平成時代の童謡詩人。
明治42年11月16日生まれ。北原白秋,与田凖一師事。「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「一ねんせいになったら」などの作品で知られる。詩集てんぷらぴりぴり」で昭和43年野間児童文芸賞,「まど・みちお全詩集」で平成5年芸術選奨文部大臣賞。6年日本人作家として初めて国際アンデルセン賞作家賞を受賞。同年路傍の石文学賞特別賞。11年朝日賞。15年芸術院賞。平成26年2月28日死去。104歳。山口県出身。台北工業卒。本名は石田道雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まど みちおの関連情報