コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めっき(鍍金) めっき

百科事典マイペディアの解説

めっき(鍍金)【めっき】

〈ときん〉とも。金属製品の表面を他の金属の被膜でおおうこと。耐食性・耐摩耗性の向上,装飾などが目的で,プラスチックなど非金属へのめっきも行われる。最も代表的なのは電気分解を応用した電気めっきで,ふつう単にめっきといえばこれをさすことが多い。
→関連項目産業公害

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

めっき(鍍金)の関連キーワード海峡スズ(海峡錫)真空蒸着トタンブリキ鍍金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android