コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業公害 さんぎょうこうがい

百科事典マイペディアの解説

産業公害【さんぎょうこうがい】

産業活動に伴い,相当な範囲にわたり発生する大気汚染騒音振動地盤沈下,悪臭によって,人の健康や生活環境に生じる被害。典型的な産業公害とされるものには次のようなものがある。1.火力発電所を始めとする大規模な生産工場から排出される窒素酸化物(NO(/x)),硫黄酸化物による大気汚染。2.石油化学コンビナートから排出される各種化学物質,窒素,リンなどによる水質汚濁。3.ハイテク工場で使用される有機溶剤による地下水・土壌汚染。4.精錬所,めっき工場から排出される重金属による土壌や水質の汚染。5.化学関係の工場から排出される廃酸,廃アルカリ,汚泥の埋立て処分や,プラスチックごみの処分に伴う水質汚濁,大気汚染,悪臭。6.産業活動用の真接噴射式ディーゼル・トラック,ダンプカーから排出される窒素酸化物やディーゼル微粒子(発癌物質を含む)による大気汚染。7.これらの汚染よりもはるかに広範囲に深刻な影響をもたらすものに,原発事故や核燃料廃棄物事故などによる放射性物資の流出・放出にともなう放射能汚染があり,チェルノブイリ原発事故福島第一原発事故のような大事故の場合は,数万年に及ぶ放射能による大気汚染や土壌汚染,水質汚染さらには海洋汚染をもたらす。一方,地球規模の環境問題であるオゾン層破壊の主要な原因物質フロンのハイテク産業からの排出や,地球温暖化の主要な原因物質である二酸化炭素が,火力発電所,各種生産工場,産業用大型トラックから排出されていることなども,広い意味の産業公害である。
→関連項目工業用水産業排水生活公害

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の産業公害の言及

【公害】より


【日本の公害問題の特徴】
 日本は国土が狭く,人口が密集しているので,公害を発生しやすい条件にあるが,とくに戦後の高度成長の過程で,三大都市圏に企業と人口が密集した結果,他国に例を見ない公害の発生を見た。
[事実の隠ぺい]
 高度成長期の公害問題の特徴としては,まず,産業公害が中心で,その中には企業犯罪と呼べるような事件が起こったことをあげることができる。典型例は水俣病である。…

※「産業公害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

産業公害の関連キーワード環境アセスメント中小企業金融公庫知識集約型産業めっき(鍍金)日本(にほん)産業構造審議会熊谷 典文紅露 みつ加藤 清二八木 一男山崎 始男井手 以誠栃木(県)法人処罰河川汚濁電気事業工業団地再生産重油

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android