コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイナメ アイナメ Hexagrammos otakii

5件 の用語解説(アイナメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイナメ
アイナメ
Hexagrammos otakii

カサゴ目アイナメ科の海水魚。食用に供され,春夏に美味。全長約 60cm。体は長紡錘形で,色彩は黄色,赤褐色,紫褐色など変異に富む。沿岸の岩礁に生息する。晩秋,雌が粘着卵を岩のくぼみや海藻に産みつけ,孵化するまで雄が卵を保護する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アイナメ

アイナメ科の魚。地方名はアブラメ,シジュウ,ネオなど。全長30cm以上になる。北海道南部以南の日本沿域岸の磯場にすむ。すむ場所により体色は黄,褐色などさまざま。
→関連項目ギンダラクジメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

アイナメ

 [Hexagrammos otakii].カジカ目アイナメ科の海産魚で,日本各地の沿岸でとれる.65cmになるものもあるが,通常20〜30cm.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイナメ【Hexagrammos otakii】

カサゴ目アイナメ科の海産魚(イラスト)。アユのようになわばりをもつので,〈鮎並(あゆなみ)〉がなまってアイナメになったといわれる。近縁種にクジメ(イラスト)やホッケ(イラスト)がいる。北海道南部以南の日本沿岸域の磯場にすむ。体色は生息環境によって黄色,赤褐色,紫褐色と変化に富む。うろこが細かく肌に油を塗ったように見えるので,アブラメ(東北,関西),アブラコ(北海道南部)などとも呼ばれる。産卵期には雄は黄橙色が強くなり雌と区別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイナメ
あいなめ / 鮎魚女・鮎並・愛女
greenling
[学]Hexagrammos otakii

硬骨魚綱カサゴ目アイナメ科に属する海水魚。日本各地、朝鮮半島南部、黄海(こうかい)の沿岸に分布する。北海道ではアブラコ、東北地方ではアブラメとよぶところが多い。体側に5本の側線が走ること、尾びれを広げるとその後端が直線に近いことなどがこの種の特徴である。体色はすむ場所によって黄色、赤褐色など変化に富む。
 産卵期は晩秋から冬で、この期の雄は橙黄(とうこう)色が濃くなり、雌と区別できる。卵は橙黄色や赤紫色で、粘着性が強い。約650~1万粒の卵を塊状に海藻や岩石に産み付ける。産卵後、雌は深みへ去るが、雄は卵が孵化(ふか)するまで保護する。奇妙なことに、ほかの個体の卵塊を食べる習性があり、このためにしばしば闘争がみられる。孵化した仔魚(しぎょ)は全長7.4ミリメートルぐらいで、浮遊生活をする。およそ半年で10センチメートルほどになり、沿岸の藻場(もば)に多数出現する。この期の稚魚は体が一様に青緑色になる。1年で15センチメートル、4年で30センチメートルぐらいに成育する。雄は1年、雌は2年で成熟する。成魚は普通、岩礁域にすみ、小形の甲殻類、カタクチイワシ、イカナゴなどを食べる。釣り、刺網(さしあみ)、かご、定置(ていち)網などで漁獲されるが、遊漁の対象として人気がある。
 近縁種には、日本の各地に分布するクジメ、北海道以北にみられるスジアイナメ、ウサギアイナメ、エゾアイナメがある。クジメとスジアイナメとは、前述したアイナメの特徴との比較で容易に区別できる。エゾアイナメとは後頭部に皮弁があること、第1側線が背びれの後部近くまで達することなどで区別できる。
 春夏に美味となり、大形のものは臭みが少ないので刺身にもされるが、多くは煮魚として賞味される。さっと湯がいて椀種(わんだね)、ちり鍋(なべ)の具として淡泊な風味が喜ばれ、照焼き、みそ漬け、粕(かす)漬けにも用いられる。刺身にするときには寄生虫に注意する必要がある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアイナメの言及

【クジメ】より

…カサゴ目アイナメ科の海産魚(イラスト)。北海道南部以南の日本各地沿岸および黄海に分布するが,とくに南日本に多い。…

※「アイナメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイナメの関連キーワードアコウダイカサゴキチジクジメ笠子久慈目鮎魚女カサゴ(笠子)ギンダラ(銀鱈)フサカサゴ(総笠子)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイナメの関連情報