アウシュビッツ(英語表記)〈ドイツ〉Auschwitz

デジタル大辞泉の解説

アウシュビッツ(〈ドイツ〉Auschwitz)

ポーランド南部の都市オシフィエンチムドイツ語名。第二次大戦中、ナチス‐ドイツのユダヤ人強制収容所がつくられ、数百万人のユダヤ人とポーランド人が虐殺された。同施設は、1979年にビルケナウの施設とともに「アウシュビッツ‐ビルケナウ ナチスドイツ強制絶滅収容所(1940~1945)」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アウシュビッツ

ポーランド南部,クラクフ西方約50kmの都市。ポーランド名はオシフィエンチム。上シロンスク工業地帯の外縁に位置し,化学・金属加工・皮革工業が行われる。交通の要地でもある。第2次大戦中ドイツに占領され,郊外に巨大な強制収容所が設けられて,ユダヤ系一般市民など約140万人が虐殺された。跡地は博物館となっており,1979年世界文化遺産に登録。約5万人。
→関連項目強制収容所コルベ神経ガスビーゼルフランクルワイス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アウシュビッツ【Auschwitz】

ポーランド南部,ビエルスコ・ビャーワ県の工業都市オシフィエンチムOświęcimのドイツ名。クラクフの西53kmにあり,人口4万6000(1985)。上シロンスク工業地帯の外周部にあり,化学工業とくに有機合成化学コンビナートの存在が知られ,また食品・皮革・金属加工工業が立地する工業都市となっている。交通上の要地でもある。第2次大戦中の占領下(1939‐45)にドイツ軍はマイダネク,トレブリンカ,ヘウムノ,シュツトボ,プアシュフなど各地に強制収容所を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アウシュビッツ【Auschwitz】

ポーランド南部の都市オシフィエンチムのドイツ名。第二次大戦中、ナチス-ドイツにより強制収容所が作られ、多数のユダヤ人や捕虜が虐殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アウシュビッツの関連情報