アウンサンスーチー(英語表記)Aung San Suu Kyi

翻訳|Aung San Suu Kyi

デジタル大辞泉の解説

アウン‐サン‐スー‐チー(Aung San Suu Kyi)

[1944~ ]アウン=サンの長女。ミャンマーの民主化運動指導者。もと、国民民主連盟NLD)総書記長。軍事政権により、1989年から2010年まで、断続的に自宅軟禁下に置かれた。1991年ノーベル平和賞受賞。2012年の連邦議会補選に当選。2016年に発足した民主政権下で外相・大統領府相・国家最高顧問に就任

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウンサンスーチー
あうんさんすーちー
Aung San Suu Kyi
(1945― )

ミャンマー(ビルマ)の反体制民主化運動指導者。ヤンゴン(ラングーン)生まれ。イギリスによる植民地支配に抗して闘い、独立達成寸前に暗殺された「建国の父」アウンサン将軍の長女。1967年にイギリスのオックスフォード大学を卒業。1972年にイギリス人学者マイケル・アリスMichael Arisと結婚。オックスフォード大学講師などを務め、1985年(昭和60)10月から1986年6月まで、京都大学東南アジア研究所研究員として滞日したことがある。1988年4月、ミャンマーで民主化運動が高まり、軍の実力行使による内乱状態のなか、イギリスから帰国。「非暴力不服従」を唱え、反政府民主化運動の指導者となる。同年9月、最大野党「国民民主連盟(NLD=National League for Democracy)」の総書記に就任したが、軍事クーデターで民主化運動は鎮圧された。1989年7月以来、国家保護法の名目で軍事政権によって自宅軟禁を強いられていたが、1995年7月、軟禁を解除された。1991年にノーベル平和賞を受賞。2000年9月、政府により、行動制限措置(自宅軟禁)を受ける。2002年5月措置を解除され、以後地方訪問や軍政批判の活動を行ってきたが、2003年5月マンダレー近郊で政府に拘束された。日本政府はこの拘束への制裁としてミャンマーへのODA(政府開発援助)の凍結を決定した。2003年9月からふたたび自宅軟禁。2010年11月、軟禁措置は解除され、2011年8月にはミャンマー新政府大統領テイン・セインThein Sein(1945― )と初めて会談した。2012年1月国民民主連盟中央執行委員会議長に就任し、4月に行われた上下両院および地方議会補欠選挙では、初めて選挙に参加して下院議員に当選。また、アウンサンスーチー率いる国民民主連盟は1990年の総選挙以来22年ぶりに選挙に参加し、補選の対象となった45議席中43議席を獲得した。[編集部]
『伊野憲治編訳『アウンサンスーチー演説集』(1996・みすず書房) ▽アウンサンスーチー著、土佐桂子、永井浩訳『ビルマからの手紙』(1996・毎日新聞社) ▽アウンサンスーチー著、大石幹夫訳『増補版 希望の声――アラン・クレメンツとの対話』(2008・岩波書店) ▽田辺寿夫、根本敬著『ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー』(2003・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アウンサンスーチーの関連情報