アカデミー・フランセーズ(読み)あかでみーふらんせーず(英語表記)Académie Française

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカデミー・フランセーズ
あかでみーふらんせーず
Académie Française

フランス翰林(かんりん)院。フランス学士院Institut de Franceを構成する五つのアカデミーのうちもっとも古くて権威がある。1635年に宰相リシュリューによりフランス語の保存と純化を目的として創設され、「不滅の人」ともよばれる40名の終身会員により構成される。物故者が出ると、立候補者のなかから全会員の投票で後継者を選定するが、当代の代表的文人、学者が選ばれることが多い。『アカデミー・フランセーズ国語辞典』Le Dictionnaire de l'Académie Françaiseの編集がおもな仕事で、1694年の初版以来第9版(1992)まで刊行されている。編集作業は毎週木曜日の定例会合で行われている。ほかに、1932年、1933年には文法書を出版したことがあり、また各種の賞の選考や授与も行っている。歴代の会員には、レビ・ストロース、イヨネスコ、グリーン、セールMichel Serres(1930― )、カレール・ダンコースHélène Carrère d'Encausse(1929― )らがいる。

[支倉崇晴]

『Jean-Paul CaputL'Académie Française(1986, Presses Universitaires de France, Paris)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アカデミー・フランセーズ

フランス学士院の五つのアカデミーのうち最古のもの。1635年に時の宰相リシュリューの尽力で創立。定員40名で,終身制。会員は〈不滅の40人〉を呼ばれ,入会することはフランス国民の最高の栄誉とされる。フランス語の統一と純化を課題として,辞典を編集し,また毎年120にのぼる賞を授与している。
→関連項目クレールシュリ・プリュドムフランス語ユルスナール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカデミー・フランセーズ
Académie française

フランス学士院 Institut de Franceを構成する5つのアカデミーの一つ。 1630年頃から,文筆家や文学愛好者が,詩人コンラールの家に集って文学を論じていたのを,時の宰相リシュリューが聞き及んで,これを文芸一般の公共機関として保護することを思いついた。 34年規約が制定され,35年国王ルイ 13世の勅許状が下り,公式に発足。大革命期に一時解散したが,王政復古とともに復興,今日にいたっている。会員数は 40名に限られており,彼らは「不滅の人」と称される。欠員の生じた場合,全会員が候補者の資格,業績を審査,絶対多数を得たものを新会員とする。その時代の有名作家のアカデミー入会をめぐって,話題となることが多い。フランス語の純化をおもな任務とし,『アカデミー辞典』および文典を編纂している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android