コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカボウクジラ アカボウクジラ Ziphius cavirostris; Cuvier's beaked whale

2件 の用語解説(アカボウクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカボウクジラ
アカボウクジラ
Ziphius cavirostris; Cuvier's beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科アカボウクジラ属。体長は雄約 7.5m,雌約 7mに達する。体重の最大記録は約 3t。出生体長は 2.7m程度。体色は茶色,ねずみ色,黒褐色と変異に富み,ヒョウのような白い斑紋を全身に呈するもの,顔面部が淡色をなすもの,嘴 (くちばし) のまわりや腹部が桜色を帯びるもの,咬傷が白い筋となり残っているものなどさまざまであるが,一般に背部が濃く,腹部は薄い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカボウクジラ
あかぼうくじら / 赤坊鯨
Cuvier's beaked whale
[学]Ziphius cavirostris

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目アカボウクジラ科に属する中形のクジラ。この科には5属18種が知られる。寒海を除く世界中の海に分布するが、生息数は多くない。体長6メートル前後、紡錘形で側扁(そくへん)し、体幅よりも体高が大きい。頭部に前方に突出している短い嘴(くちばし)があり、その下あごの先端に1対の歯があるほか、多数の痕跡歯(こんせきし)がある。体色は褐色や灰黒色で変異が多く、背側が濃く、腹側が淡い。皮膚には傷痕が多い。外国では利用していないが、日本では小型捕鯨業の対象種として年間十数頭が捕獲され、鯨油を採取し、肉は食用に供されているが美味ではない。海岸に自らのし上がって死ぬ例が多い。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカボウクジラの関連キーワードナガスクジラハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨克鯨槌鯨歯鯨鬚鯨アカボウクジラ(赤坊鯨)オオギハクジラ(扇歯鯨)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカボウクジラの関連情報