コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキギリ(秋桐) アキギリSalvia glabrescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキギリ(秋桐)
アキギリ
Salvia glabrescens

シソ科の多年草で,本州中部の山地の林床に生じる。高さ 20~40cmで茎は角張り,全体に軟毛が多い。葉は長い柄で対生し,長さ5~10cmの三角状卵形,基部は心臓形で左右の両端はやや耳形に張出す。夏から秋に,長さ 10~20cmの花穂を出し,長さ 3cmほどの紅紫色の唇形花を多数つける。本種によく似て花が淡黄色のキバナアキギリ S. nipponicaは中部より西の本州と四国,九州にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android