コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクメイズム akmeizm

大辞林 第三版の解説

アクメイズム【akmeizm】

1910年代にロシアで興った詩の流派。グミリョーフ・ゴロデツキー・アフマートワ・マンデリシタムなどの詩人が加わる。象徴主義に反発し、具象性と明晰さの回復を目指した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アクメイズム

1910年代のロシアで生まれた詩の流派。雑誌《アポロン》を拠点に活動。それまで主流だった象徴主義の神秘的あいまいさに反発し,明晰で力強い表現により地上的美を描いた。
→関連項目グミリョーフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクメイズム【akmeizm】

1910年代,ロシア革命の前夜に,当時のブルジョア文化の危機的状況のなかに生まれたロシア詩におけるモダニズム的傾向をいう。主として〈詩人組合(ツェフ・ポエートフ)〉のグループの詩人たち,グミリョーフ,ゴロデツキーアフマートワ,マンデリシュタム,クズミンM.A.Kuzmin,ゼンケビッチM.A.Zenkevich,ナルブトV.I.Narbut,サドフスキーB.A.Sadovskiiらが詩誌《アポロン》(1909‐17)を牙城にその主張を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクメイズム
あくめいずむ
Акмеизм Akmeizm

ロシア象徴派の運動が事実上解体してまもない1910年代初めに成立した文学流派。雑誌『アポロン』に拠(よ)って活動した。ロシア象徴派を「敬うべき父」とみなし、詩的技法の点でその遺産を数多く受け継いだが、神智(しんち)論、オカルティズムなどの神秘主義的な世界を否定して、古典的な明晰(めいせき)さ、現実の生命感の回復を志した。グミリョフ、ゴロデツキーを創始者として、クズミン、マンデリシュターム、アフマートワらがこれに加わった。
 ギリシア語の「頂点(アクメ)」に由来するその名が示すとおり、アクメイズムの詩人たちは、自らの作品を芸術的真実の最高の表現と考え、また一方で、男性的かつ直截(ちょくせつ)な世界観を貫こうとする立場から、人類の祖アダムに由来するアダミズムをも名のった。彼らは概して、抽象的・観念的な語彙(ごい)を避け、硬質で明解な表現を好み、エキゾチックな自然、前史時代の生活、恋愛などをテーマに描いた。事物やことばそのものに対する考え方には、次代の未来派詩人たちと部分的に共通するものがある。革命後、運動としては消滅したが、その精神はツベターエワ、ホダセービチらの優れた詩人によって受け継がれた。[亀山郁夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアクメイズムの言及

【ロシア文学】より

…文学史的には象徴主義(ブローク,ベールイ,V.イワーノフら。盛期は1910年ころまで),新古典主義的なアクメイズム(グミリョーフ,マンデリシタム,アフマートワ。1912年より),未来派(ロフレーブニコフ,マヤコーフスキーら。…

※「アクメイズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アクメイズムの関連キーワードイワーノフ(Georgiy Vladimirovich Ivanov)アンナ・アンドレヴナ アフマートワセルゲイ ゴロデツキーニコライ グミリョフマンデリシュタームマンデリシタームM. ボローシンG. イワーノフマンデリシタムボローシングミリョフロシア文学

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android