アスワン・ハイ・ダム(読み)あすわんはいだむ(英語表記)Aswān High Dam

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスワン・ハイ・ダム
あすわんはいだむ
Aswn High Dam

エジプト南部、アスワンに近いナイル川に建設された世界有数の巨大なロックフィルダム。ダムの高さは111メートル、堤頂の長さ3.6キロメートル。ナセル湖とよばれる貯水池の総貯水容量は1690億立方メートル、世界第2位の人造湖である。その延長はスーダンとの国境を越え500キロメートルに及ぶ。ナイル川第一瀑布(ばくふ)には1902年にアスワン・ダムが建設されたが、その後エジプトのナセル大統領はナイル川の開発をさらに進めるため、このダムの上流7キロメートルの地点に、灌漑(かんがい)、発電、洪水調節を目的としたアスワン・ハイ・ダムの建設を計画した。工事はソ連の資金、技術援助を受けて、1960年に着手され、1970年に完成。また1976年には完成後初めて満水位に達した。最大発電量210万キロワット。
 なお、このダムの建設により、古代エジプトの多くの遺跡が水没するため、「ダムか神殿か」の論争が交わされたが、ユネスコが中心となり、アブ・シンベル神殿の移転など、遺跡の発掘、保存が進められた。[石正和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android