コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチリド アセチリドacetylide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチリド
acetylide

アセチレン結合の炭素原子にアルカリ金属または重金属を結合した形の塩類似化合物の総称。赤褐色の銅アセチリドのほかは無色の固体。1価の金属からは R-C≡C-Na または Na-C≡C-Na のようなアセチリド,2価の金属からは (-C≡C-)Ca のようなアセチリドが生成される。水または希酸と反応しアセチレンまたはその誘導体 R-C≡C-H を生成する。カルシウムアセチリドはカルシウムカーバイドまたは炭化カルシウムともいわれ,アセチレン製造の原料である。重金属たとえば銀や銅のアセチリドはレッペ反応ブチンジオールをつくるときの触媒として使用される。これらはまたアセチレン化合物の検出,定量,精製に利用される。しかし,これら重金属化合物は著しい爆発性を示すので注意が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アセチリド【acetylide】

アセチレンHC≡CHの水素原子が金属で置換された炭化物の総称。M2C2形(Mはアルカリ金属,銅(I),銀,金(I)など),M2C2形(Mはアルカリ土類金属,亜鉛,希土類元素,ウラン,トリウムなど),M2C6形(Mはアルミニウムなど),MHC2,MRC2形(Mはアルカリ金属,銅(I),銀,金(I)など,Rはアルキル基)などの化合物が知られている。加熱した金属にアセチレンを通じたり(アルカリ金属,マグネシウムなど),塩のアンモニア水溶液にアセチレンを吹き込む(I族元素)と生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセチリド
あせちりど
acetylide

金属炭化物のうち、三重結合(アセチレン結合)をもっている塩類似化合物の総称。アセチレン化物ということもある。アルカリ金属、アルカリ土類金属、銅()、銀、金()などの化合物が代表的なものである。たとえば、金属ナトリウムをアセチレン気流中で熱したり、銀塩水溶液にアセチレンを通じたり、石灰と炭素を強熱するなどして、それぞれ炭化ナトリウムNa2C2、炭化銀(アセチレン化銀)Ag2C2、炭化カルシウムCaC2などが得られる。炭化銅()Cu2C2は赤色粉末、炭化銅()CuC2は黒褐色粉末、炭化金()Au2C2は黄色粉末、それ以外は無色の固体である。水では多く加水分解してアセチレンを発生する。ナトリウム、銅()の化合物は有機合成化学で重要である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アセチリドの関連キーワードアレン(脂肪族不飽和炭化水素)希土類元素エチニル化炭化水銀アルキン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android