コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチリド アセチリド acetylide

3件 の用語解説(アセチリドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチリド
アセチリド
acetylide

アセチレン結合の炭素原子アルカリ金属または重金属を結合した形の塩類似化合物の総称。赤褐色の銅アセチリドのほかは無色の固体。1価の金属からは R-C≡C-Na または Na-C≡C-Na のようなアセチリド,2価の金属からは (-C≡C-)Ca のようなアセチリドが生成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アセチリド【acetylide】

アセチレンHC≡CHの水素原子が金属で置換された炭化物の総称。M2C2形(Mはアルカリ金属,銅(I),銀,金(I)など),M2C2形(Mはアルカリ土類金属,亜鉛,希土類元素,ウラン,トリウムなど),M2C6形(Mはアルミニウムなど),MHC2,MRC2形(Mはアルカリ金属,銅(I),銀,金(I)など,Rはアルキル基)などの化合物が知られている。加熱した金属にアセチレンを通じたり(アルカリ金属,マグネシウムなど),塩のアンモニア水溶液にアセチレンを吹き込む(I族元素)と生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセチリド
あせちりど
acetylide

金属炭化物のうち、三重結合アセチレン結合)をもっている塩類似化合物の総称。アセチレン化物ということもある。アルカリ金属、アルカリ土類金属、銅()、銀、金()などの化合物が代表的なものである。たとえば、金属ナトリウムをアセチレン気流中で熱したり、銀塩水溶液にアセチレンを通じたり、石灰と炭素を強熱するなどして、それぞれ炭化ナトリウムNa2C2、炭化銀(アセチレン化銀)Ag2C2、炭化カルシウムCaC2などが得られる。炭化銅()Cu2C2は赤色粉末、炭化銅()CuC2は黒褐色粉末、炭化金()Au2C2は黄色粉末、それ以外は無色の固体である。水では多く加水分解してアセチレンを発生する。ナトリウム、銅()の化合物は有機合成化学で重要である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセチリドの関連キーワードアセチル化アセチレン系炭化水素アミド酸素アセチレン炎トリクロロエチレンポリアセチレンアセチレン溶接アセチレン灯ジクロロメタンアセチレン化銀

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone