コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセト酢酸エチル

3件 の用語解説(アセト酢酸エチルの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アセト酢酸エチル

 C6H10O3 (mw130.14).CH3CO-CH2COOCH2-CH3イチゴの香りのある合成香料で,多くの食品に使われる食品添加物

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アセト酢酸エチル【アセトさくさんエチル】

化学式はCH3CO・CH2COOC2H5。芳香ある無色の液体。融点−43〜−45℃,沸点181℃。水にいくらか可溶,有機溶媒に易溶。ケト型とエノール型の互変異性平衡がある。
→関連項目ケト酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセト酢酸エチル
あせとさくさんえちる
ethyl acetoacetate

アセト酢酸とエタノールエチルアルコール)のエステル
 酢酸エチルに金属ナトリウムを反応させると得られるが、工業的にはジケテンとエタノールとを酸または塩基触媒の存在下で反応させて製造する。果実に似た芳香をもつ無色の液体で、種々の有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。新しく蒸留したものはケト形92.3%、エノール形7.7%の平衡混合物であり、エノール形を含むために塩化鉄()の水溶液を加えると紫色を呈する。
 薄い酸または薄いアルカリで加水分解するとアセトンになるが、強いアルカリと処理すると酢酸ナトリウムになる。アゾ染料、解熱剤のアンチピリン、抗マラリア剤、香料、合成除虫菊剤などの合成原料になるほか、ラッカーなどの塗料溶剤、分析試薬にも用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアセト酢酸エチルの言及

【アセト酢酸】より

…これら異常代謝生成物は糖尿病患者の尿中に見いだされる。
[アセト酢酸エチルethyl acetoacetate]
 アセト酢酸のエチルエステルCH3COCH2COOC2H5で,安定なためアセト酢酸よりもずっと広い用途がある。果実様の芳香を有する無色の液体で,沸点180.4℃。…

※「アセト酢酸エチル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アセト酢酸エチルの関連キーワードヘキサンアルカンカコジルイソ吉草酸エチルメチル水銀ヒドロキシシトロネラールオーラミンサリン付加アセチルコリン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone