コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチャン(阿昌)族 アチャンぞくAchang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アチャン(阿昌)族
アチャンぞく
Achang

中国領内,ミャンマーとの国境近くに居住する少数民族。人口約1万 8480 (1990) 。その 90%以上が雲南省徳宏のタイ族チワン (景頗) 族自治州に住む。言語はシナ=チベット語族に属する。 13世紀頃この地に定着したとされ,元・明代以後の諸文献では「峨昌」「俄昌」と称されている。長らく漢族,タイ族と隣接して居住してきたため,漢字を使用し,漢語,タイ語に通じている。中華人民共和国の成立以前はタイ族土侯の統治下にあった。陸稲,水稲耕作などの農業に従事し,主食は米,トウモロコシサツマイモなど。鍛冶や木工,竹細工などの手先仕事にたけ,とりわけ刀剣の製作で知られる。社会の基本単位は父系の小家族で,末子相続が一般的である。農閑期や祭日には,青年男女が山歌を対唱し,村人が神話・口頭伝承をうたい,踊るという習俗が残る。上座部仏教を信仰し,土葬の習慣をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アチャン(阿昌)族【アチャンぞく】

中国,雲南省西部の徳宏タイ族チンポー族自治州の山岳地帯を中心に居住する民族。〈アチャン〉は自称の一つ。言語はイ語派。1964年の国勢調査で中国少数民族として公認された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アチャン(阿昌)族の関連キーワードイ(彝)語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android