アッパーカナダ(英語表記)Upper Canada

翻訳|Upper Canada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッパーカナダ
Upper Canada

上カナダとも呼ばれる。現カナダのオンタリオ州のイギリス植民地時代の呼称。 1791年アメリカ独立後の北アメリカ大陸におけるイギリス植民地再編成のために,カナダ法 (憲法条令) が制定され,旧ケベック植民地を2つに分割,セントローレンス川上流,オタワ以西のイギリス系住民の多い地域はアッパーカナダ植民地という行政単位となった。ここにはケベック法が適用されず,土地は自由保有制が認められ,財産資格はきびしかったが選出制の議会が設けられるなど,イギリス色が濃かった。しかし家族盟約による寡頭制への不満から 1837年に W.マッケンジーの指導する反乱が起り,ダラム報告に基づいて,アッパー,ローワー両カナダの再統合がはかられた。この結果 40年の連合法で統合された連合カナダ植民地では,アッパーカナダはカナダ西部と呼ばれることになり,公式の場からはアッパーカナダの呼称は消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報