コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アティヤ アティヤAtiyah, Sir Michael Francis

3件 の用語解説(アティヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティヤ
Atiyah, Sir Michael Francis

[生]1929.4.22. ロンドン
イギリスの数学者。レバノン人の父とスコットランド人の母をもつ。エジプトのビクトリア・カレッジとケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに学び,1955年に博士号を取得。1955年にアメリカ合衆国プリンストン高等研究所 IASに招かれたのち,1956~61年ケンブリッジ大学で教鞭をとる。1961年にオックスフォード大学に移り,1963~69年最高位の数学教授職。1990年からはケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学長およびアイザック・ニュートン数理科学研究所長。1966年にソビエト連邦モスクワで開催された国際数学者会議で,位相幾何学(→トポロジー)と解析学に関する業績によりフィールズ賞を受賞した。2004年にはアメリカ合衆国のイサドール・シンガーとともにアーベル賞を受賞している。フランスアレクサンドルグロタンディークドイツのフリードリヒ・ヒルツェブルフらと並ぶ K理論の創始者の一人。1963年にシンガーと共同でアティヤ=シンガーの指数定理を証明した。これは楕円型微分作用素の指数と呼ばれる解析的な量を,特性類を用いた位相幾何学的な量で表すものである。アティヤ=シンガーの指数定理はリーマンロッホの定理(→リーマン)などを含んでおり,20世紀の幾何学を代表する成果である。アティヤの研究領域は広範な分野にわたっており,複素多様体(→多様体),代数的位相幾何学代数幾何学複素解析学(→複素変数関数論),ヤン=ミルズ方程式ゲージ理論数理物理学における超弦理論などにおいても著しい業績を上げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アティヤ【Michael Francis Atiyah】

1929~ ) イギリスの数学者。解析学の分野にトポロジーの考えを導入。現代数学の広い分野で重要な貢献をした。2004年、アーベル賞を受賞。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

アティヤの関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アティヤの関連情報