コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アティヤ アティヤ Atiyah, Sir Michael Francis

3件 の用語解説(アティヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティヤ
アティヤ
Atiyah, Sir Michael Francis

[生]1929.4.22. ロンドン
イギリスの数学者。レバノン人の父とスコットランド人の母をもつ。エジプトビクトリアカレッジケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに学び,1955年に博士号を取得。1955年にアメリカ合衆国プリンストン高等研究所 IASに招かれたのち,1956~61年ケンブリッジ大学で教鞭をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アティヤ

英国の数学者。トポロジー,大域解析学等の研究により,1966年フィールズ賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アティヤ【Michael Francis Atiyah】

1929~ ) イギリスの数学者。解析学の分野にトポロジーの考えを導入。現代数学の広い分野で重要な貢献をした。2004年、アーベル賞を受賞。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アティヤの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アティヤの関連情報