コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナール学派 アナールがくは école des Annales

5件 の用語解説(アナール学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナール学派
アナールがくは
école des Annales

伝統的な実証主義歴史学に対する批判に端を発し,L.フェーブルと M.ブロックによって 1929年に創刊されたフランスの歴史学雑誌『社会・経済史年報』 Annales d'histoire économique et socialeを拠点に新しい歴史学を目指す歴史家たちのグループ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アナール‐がくは【アナール学派】

《〈フランス〉École des Annales》現代フランスの歴史学の主流をなす学派。1929年、ブロックとフェーブルの二人が創刊した「社会経済史年報(Annales d'histoire économique et sociale)」にちなむ呼称。事件史を中心とした伝統的な歴史学に対して、人間の生活文化のすべてを視野に収めた総合的歴史学をめざす。アナール派。→社会史

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アナールがくは【アナール学派 L’école des Annales】

フランス現代歴史学の有力な一潮流。リュシアン・フェーブルマルクブロックが1929年に創刊した《社会経済史年報Annales d’histoire économique et sociale》を拠点としていたところから,この名がある。伝統的歴史学が,歴史の表層にしか目を向けず,訓詁の学に終始していることを批判し,人間活動の総体を生きた姿においてとらえる視点の重要性を強調して,人間諸科学の交流の上に立った〈新しい歴史学〉の創造を提唱している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アナールがくは【アナール学派】

フランス L'école des Annales アナールは「年報」の意〕
フランスの歴史家リュシアン=フェーブルとマルク=ブロックが創刊した「経済・社会史年報」(第二次大戦後「アナール―経済・社会・文明」と改題)に拠る歴史学派。フェーブルの心性史、ブロックの社会経済史、ブローデルの資本主義史が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナール学派
あなーるがくは

アナール学派L'cole des Annales(フランス語)は、「学派」というよりはむしろ、『アナール』誌を舞台に新しい歴史学を求めて集まった多種多彩な研究者仲間からなる「運動」というべきである。この呼称は、リュシアン・フェーブルとマルク・ブロックが1929年にストラスブールで創刊した『社会経済史年報』Annales d'histoire conomique et sociale(1929~1938)に由来する。誌名は『社会史年報』Annales d'histoire sociale(1939~1941、1945)、『社会史論叢』Mlanges d'histoire sociale(1942~1944)と変わったが、1946年からは『アナール:経済、社会、文明』Annales. conomies, Socits, Civilisations、さらに『アナール(歴史、社会科学)』Annales(Histoire, Sciences sociales)と改称されて現在にいたっている。アナール学派の源流は19世紀の歴史家ミシュレ、さらには18世紀の啓蒙(けいもう)哲学者ボルテールにさかのぼるが、直接的には19世紀なかばから20世紀初めの実証主義歴史学に対する批判から生まれた。その精神は「生きた歴史学」であり、すべての事象をつねに全体的な連関のうちにとらえること、過去をつねに現在との対話のうちにとらえることによって、過去に生きた人間全体をよみがえらせようとすることである。この精神は、ブローデルFernand Braudel(1902―1985)、アリエスPhilippe Aris(1914―1982)、グベールPierre Goubert(1915―2012)、デュビーGeorge Duby(1919―1996)、マンドルーRobert Mandrou(1921―1984)らによって受け継がれた。フェーブルの死後ブローデルが『アナール』の編集長を引き継いでから、1960年代にはレビ・ストロースやフーコー、ブルデューPierre Bourdieu(1930―2002)など隣接諸科学からの刺激も受けて、ショーニュPierre Chaunu(1923―2009)、ドリュモーJean Delumeau(1923― )、ル・ゴフJacques Le Goff(1924―2014)、フェローMarc Ferro(1924― )、アギュロンMaurice Agulhon(1926― )、ラデュリーEmmanuel Le Roy Ladurie(1929― )、ボベルMichel Vovelle(1933― )ら若い世代の歴史家が出現した。アナール学派は、従来の歴史学の領域を越えて、気候、死、医学、病気、恐れ、子供、家族、性愛、父性、女性、魔女、周縁性、狂気、夢、におい、書物、民衆文化、祭りなどさまざまな視点からマンタリテmentalit(英語のメンタリティ、物の考え方、精神構造)の研究をすすめるとともに、近代の国民国家意識が成立する以前、あるいはそれ以後も存続する国家と個人の間に介在する地域社会の多様な人的ネットワーク(corporations=社団)の諸相を読みとるソシャビリテsociabilit研究をも手がけている。70年間にも及ぶアナール学派の多彩な顔ぶれから生まれた研究はまさに百花繚乱(りょうらん)であって、それをひとことで特徴づけることは不可能であるが、彼らが現代のさまざまな危機を打開するために西欧近代社会を徹底的に問い直す作業をしてきたことだけは確かである。[米田潔弘]
『ル・ロワ・ラデュリ著、樺山紘一他訳『新しい歴史』(1980・新評論) ▽二宮宏之著『全体を見る眼と歴史家たち』(1986・木鐸社) ▽F・ブローデル、J・H・ヘクスター、H・R・トレヴァー・ローパー著、赤井彰・高橋正男・古川堅治編訳『ブローデルとブローデルの世界』(1988・刀水書房) ▽竹岡敬温著『「アナール」学派と社会史』(1990・同文館出版) ▽G・デュビー、ギー・ラルドロー著、阿部一智訳『歴史家のアトリエ』(1991・新評論) ▽F・ブローデル著、浜名優美訳『地中海』全5巻(1991~1995・藤原書店) ▽P・バーク著、大津真作訳『フランス歴史学革命』(1992・岩波書店) ▽J・ル・ゴフ他著、二宮宏之編訳『歴史・文化・表象、アナール派の歴史人類学』(1992・岩波書店) ▽福井憲彦著『「新しい歴史学」とは何か』(1995・講談社) ▽M・ブロック著、堀米庸二訳『封建社会』(1995・岩波書店) ▽P・バーク編、谷川稔他訳『ニュー・ヒストリーの現在』(1996・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアナール学派の言及

【親子】より


[近代的親子関係の形成]
 洋の東西をとわず,子の利益,福祉が家族,財産,親よりも優先され,第一義的に保護されるべきものと考えられるようになったのは,親子間の実態においても,また規範秩序にあっても,歴史の上では比較的最近のことで,とくに人権思想の発展をみてからである。 フランスの歴史の中での親子関係をみた場合に,中世以後,長子があととりとして予定された貴族階層以外の,一般民衆の親子関係の実態が,最近,アナール学派によって明らかにされた。それによれば,17世紀まで,子どもたちは親の手によって教育されたのではなく,7~8歳に達すると,村落共同体の中でおとなといっしょに生活し,働いたり,あるいは徒弟奉公に出されるなかで生活者としての教育を身につけるように仕向けられるか,軍隊や修道院に送り込まれ,生涯親もとに帰って来ない者もいた。…

※「アナール学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アナール学派の関連キーワードランケリボー歴史学史学ボンヌフォワヴィ・ド・フランスねず まさしエスマンコガルニチャーヌ西洋史学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナール学派の関連情報