コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフェランドラ アフェランドラ Aphelandra; aphelandra

6件 の用語解説(アフェランドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフェランドラ
アフェランドラ
Aphelandra; aphelandra

キツネノマゴ科アフェランドラ属の総称。常緑低木または低木状の草本。熱帯から亜熱帯アメリカに約 200種が分布する。葉は有柄の単葉で対生し,茎頂に4稜の穂状花序を形成。包が着色して美しいもの,葉色の観賞価値が高いものなどがよく栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アフェランドラ(〈ラテン〉Aphelandra)

キツネノマゴ科アフェランドラ属の植物の総称。南アメリカに約60種が分布。葉は幅広く、脈状に黄色い斑が入り、茎の頂の苞葉(ほうよう)は黄金色。観葉植物とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アフェランドラ

温帯から熱帯アメリカに原産する,キツネノマゴ科の常緑小低木で,約200種ある。観葉植物として鉢植,温室で栽培される。よく栽培されるアフェランドラ・スクアロサには,葉の主脈と支脈に沿った斑紋が白色のものと,斑紋の幅が広がって葉面がほぼ乳白色になるものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アフェランドラ【Aphelandra】

熱帯アメリカに200種が分布するキツネノマゴ科の常緑草本性低木で,観賞価値の高い種類が多い。キンヨウボクA.squarrosa Neesはブラジル原産で,花序の苞も花も鮮黄色の種である。その園芸品種ルイセーcv.Louisae(イラスト)は先のとがった長卵形葉を対生し,濃緑色の葉の表は葉脈が黄白色で観賞価値が高い。茎頂に長さ10cm以上の四稜形の花穂を直立する。苞は大きく宿存して長期間美しい。花は筒状で,先端は2唇状になり,花穂の下方から咲いてゆく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アフェランドラ【Aphelandra】

キツネノマゴ科キンヨウボク属の植物の総称。熱帯・亜熱帯アメリカに約70種がある。常緑の低木または多年草。日本では観葉植物として温室栽培される。キンヨウボク・ルイセー・ダニアなどがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフェランドラ
あふぇらんどら
[学]Aphelandra

キツネノマゴ科の常緑草本。熱帯および亜熱帯アメリカ原産。茎は直立しあまり分枝せず、葉は対生。花(穂状花序)の美しい種類、葉の色と模様の美しい種類が2、3種栽培される。代表的なものには花が緋(ひ)赤色で葉が灰緑色のオウランティアカ、穂状花が黄色く葉は濃緑色で葉脈が銀白色のスクアルローザがあり、この園芸品種のルーイセー、ダニアがよく普及している。キンヨウボク(錦葉木)は卵状楕円(だえん)形の緑色の葉に黄白色の模様が入り、明治中期からよく栽培されている。性質は弱く、夏は日陰、冬は日当りに置き、15~20℃に保つ。繁殖は挿木により、葉を3枚以上つけ6月に挿す。軽い土を好む。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフェランドラの関連キーワードジャコビニアトラデスカンティア北きつね牧場きつねのおきゃくさまきつねのかみさまシカ(鹿)アメリカハブアリドリ(蟻鳥)ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)《熱帯アメリカとオーストラリア》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone