コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフェランドラ アフェランドラAphelandra; aphelandra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフェランドラ
Aphelandra; aphelandra

キツネノマゴ科アフェランドラ属の総称常緑低木または低木状の草本。熱帯から亜熱帯アメリカに約 200種が分布する。葉は有柄の単葉で対生し,茎頂に4稜の穂状花序を形成。包が着色して美しいもの,葉色の観賞価値が高いものなどがよく栽培される。園芸的に主要な種は,深緑色に白い葉脈が浮き出た葉と鮮黄色の包をもつアフェランドラ・スクアロサ A.squarrosaや,橙黄色の花の観賞価値が高いアフェランドラ・アウランティアカ A.aurantiacaなど。スクアロサには`ダニア'や`シルバークラウド'などの品種がある。高温多湿を好み,一般には鉢植えで栽培する。原産地では湿気の多い樹林下に生育し,夏の直射は葉焼けの原因になるので注意。冬は乾燥ぎみに管理すれば 10℃前後で越冬する。 20℃以上あれば挿木でふやすことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アフェランドラ(〈ラテン〉Aphelandra)

キツネノマゴ科アフェランドラ属の植物の総称。南アメリカに約60種が分布。葉は幅広く、脈状に黄色い斑が入り、茎の頂の苞葉(ほうよう)は黄金色観葉植物とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アフェランドラ

温帯から熱帯アメリカに原産する,キツネノマゴ科の常緑小低木で,約200種ある。観葉植物として鉢植,温室で栽培される。よく栽培されるアフェランドラ・スクアロサには,葉の主脈支脈に沿った斑紋が白色のものと,斑紋の幅が広がって葉面がほぼ乳白色になるものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アフェランドラ【Aphelandra】

熱帯アメリカに200種が分布するキツネノマゴ科の常緑草本性低木で,観賞価値の高い種類が多い。キンヨウボクA.squarrosa Neesはブラジル原産で,花序の苞も花も鮮黄色の種である。その園芸品種ルイセーcv.Louisae(イラスト)は先のとがった長卵形葉を対生し,濃緑色の葉の表は葉脈が黄白色で観賞価値が高い。茎頂に長さ10cm以上の四稜形の花穂を直立する。苞は大きく宿存して長期間美しい。花は筒状で,先端は2唇状になり,花穂の下方から咲いてゆく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アフェランドラ【Aphelandra】

キツネノマゴ科キンヨウボク属の植物の総称。熱帯・亜熱帯アメリカに約70種がある。常緑の低木または多年草。日本では観葉植物として温室栽培される。キンヨウボク・ルイセー・ダニアなどがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフェランドラ
あふぇらんどら
[学]Aphelandra

キツネノマゴ科の常緑草本。熱帯および亜熱帯アメリカ原産。茎は直立しあまり分枝せず、葉は対生。花(穂状花序)の美しい種類、葉の色と模様の美しい種類が2、3種栽培される。代表的なものには花が緋(ひ)赤色で葉が灰緑色のオウランティアカ、穂状花が黄色く葉は濃緑色で葉脈が銀白色のスクアルローザがあり、この園芸品種のルーイセー、ダニアがよく普及している。キンヨウボク(錦葉木)は卵状楕円(だえん)形の緑色の葉に黄白色の模様が入り、明治中期からよく栽培されている。性質は弱く、夏は日陰、冬は日当りに置き、15~20℃に保つ。繁殖は挿木により、葉を3枚以上つけ6月に挿す。軽い土を好む。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アフェランドラの関連キーワード多年草

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android