コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラヨタカ アブラヨタカ Steatornis caripensis; oilbird

3件 の用語解説(アブラヨタカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラヨタカ
アブラヨタカ
Steatornis caripensis; oilbird

ヨタカ目アブラヨタカ科。全長 40~49cm。全体に赤褐色で,尾羽とには細い筋模様が入り,頭部,胸腹部および翼には白斑がある。足は小さく,しがみつく程度でほとんど歩けない。夜行性で日中は洞窟内にとどまり,営巣する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アブラヨタカ【oilbird】

ヨタカ目アブラヨタカ科Steatornithidaeの鳥(イラスト)。この科はアブラヨタカ1種だけから成る。全長約46cm。全身濃い茶褐色で,頭上,雨覆い,風切羽,尾羽などには白い丸斑が散在する。一見ヨタカに似て,口が大きく,長い口ひげをもち,翼と尾は長く,足は短く弱い。しかし,くちばしはじょうぶで,タカのように鋭い。また尾羽が堅い。ギアナ地方からエクアドルにかけての南アメリカ北部とトリニダード島に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラヨタカ
あぶらよたか / 油夜鷹・脂怪鷹
oilbird
[学]Steatornis caripensis

鳥綱ヨタカ目アブラヨタカ科の鳥。1科1種で、南アメリカ北部の山岳地帯にある洞穴にすむ。全長45センチメートル余りで、全体に栗(くり)色の羽色をしており、翼には白斑(はくはん)がある。洞穴内では鋭い声を発し、その反響音を利用して障害物の位置を知り飛び回る。ヨタカ目のほかの鳥と違って果実食であり、ゲッケイジュ類などの木の周りに多数集まって、枝には留まらずに空中で羽ばたいたままその実を食べる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブラヨタカの関連キーワード油夜鷹よたよたヨタタカナ九鬼精隆ズクヨタカ(木菟夜鷹)タチヨタカ(立夜鷹)ヨタカ(夜鷹)トヨタカローラ愛知トヨタカローラ奈良

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone