コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベオクタ アベオクタ Abeokuta

4件 の用語解説(アベオクタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベオクタ
アベオクタ
Abeokuta

ナイジェリア南西部の都市。ラゴス北方約 80km,オグン川東岸に位置。標高約 180mの露岩群と城壁に囲まれる。その外側はサバナ地帯。 1830年頃建設。 93年ラゴス植民地の総督の調停により形成された統一エグバ王国が南北ナイジェリアと合併,正式にイギリス保護領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アベオクタ(Abeokuta)

ナイジェリア南西部の都市。オグン州の州都。ヨルバ語で「岩の下」を意味し、オルモ岩とよばれる大きな岩があり、ヨルバ族の聖地になっている。1830年頃、奴隷狩りを逃れた避難民によってつくられた。ヤシ油・カカオ天然ゴムなどの集散地。アフリカ人初のノーベル文学賞を受賞したウォレ=ショインカの生地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アベオクタ【Abeokuta】

ナイジェリア西部に19世紀から20世紀にかけて存在した都市国家。19世紀初頭より,混乱状態のオヨ王国を逃れたヨルバ族が避難する地となり,彼らはここに共和制的な政府をつくった。そしてフルベ(フラニ)族やハウサ族が北から圧力をかけた時,それに抵抗する後ろだてとなって,次第に南ヨルバランドに勢力を伸ばした。1840年代のキリスト教布教団の入植により近代的要素が入り,外界との接触が容易になって,特にラゴスのイギリス商人との関係が緊密化し,ヤシ油を輸出する貿易が栄える原因となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベオクタ
あべおくた
Abeokuta

西アフリカ、ナイジェリア南西部、オグン州の州都。人口41万6800(1995)。1830年ごろ、奴隷狩りを逃れたエグバの避難民が、岩がちな土地に定着したのが町の始まりである。エグバの首都であり、アベオクタとはヨルバ語で「岩の下」を意味する。ココアパーム油パーム核などの集散地で、綿花の取引や綿織物業も盛んである。ラゴスおよびイバダンとは鉄道で結ばれる[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベオクタの関連キーワードジンデルハロゲートロコジャプーラ大聖堂モトブンカラバーニオロデュサヘルベニンシティベヌエ[川]カツィナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone