アポロニオス(ペルゲの)(読み)アポロニオス

百科事典マイペディアの解説

ギリシアの数学者。前3世紀後半に活躍。小アジアのペルゲ生れ。アレクサンドリアとペルガモンユークリッドの後継者たちに学ぶ。《円錐曲線論》8巻を書き,3種の円錐曲線が一つの円錐の切り口として導き出されることを示し,その基本的な性質を記述。
→関連項目ヒュパティア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android