アポロニオス[トラレス](英語表記)Apollōnios of Tralles

  • アポロニオス
  • トラレス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前1世紀に活躍したギリシアの彫刻家。 1456年にローマカラカラ浴場で発見された『ファルネーゼの雄牛』群像 (ナポリ国立考古学博物館) はファルネーゼ家旧蔵のローマ時代に模作されたと考えられる大理石製の群像。この原作者がアポロニオスとイウリスコスの兄弟と伝えられている。主題テーベ (→テーベ伝説 ) の城壁を築いたアンフィオンとゼトス双子が母の復讐のために宿敵ディルケを雄牛に引きずらせて殺す物語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android