コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマ(亜麻) アマLinum usitatissimum; flax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマ(亜麻)
アマ
Linum usitatissimum; flax

アマ科の一年草で,高さ 1m以上になる。西アジア原産といわれる。日本では繊維植物としておもに北海道や北陸地方で栽培されている。は円柱状で細長く,上部で分枝し,葉は披針形または線形で長さ2~3cmあり,互生する。夏の頃,枝先に直径 1.5cmほどの白または青い5弁花をつける。成熟した種子をしぼって得る油はアマニ (亜麻仁) 油で,おもにペンキ油絵具印刷インキなどの製造に用いられる。また茎から良質の繊維をとり,リンネルと呼ばれる高級な繊維がつくられ,ハンカチーフ,洋服地,シャツ,テーブルクロスなどをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アマ(亜麻)【アマ】

アマ科の一年草。繊維,油料作物。茎は高さ0.6〜1.2m,各節に披針形の葉を互生。夏,青または白色の5弁の花をつける。繊維用品種と種子用品種がある。前者は,茎の下部が黄変し,落葉するころに収穫する。
→関連項目アサ(麻)植物繊維繊維作物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アマ【アマ(亜麻) flax】

茎からは繊維を,種子からは油を採る作物イラスト)。その繊維で肌ざわりがよく薄手の織物リネンを織る。 アマ科の一年草で,カフカス地方から中東にかけての一帯原産地とされる。古代エジプトでも栽培,利用された。日本には17世紀に中国から渡来したが,当時は薬用とする亜麻仁油を採るのが目的であった。繊維を採る目的で北海道に導入されたのは明治初期のことである。 葉は細く,長さ2~3cmで,互生する。茎は高さ60~120cmで細い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアマ(亜麻)の言及

【アサ(麻)】より

…また,広義にはタイマに類似した靱皮繊維を採る植物,およびその繊維の総称でもある。アサと呼ばれる植物には,タイマ(アサ科)のほかに植物学的には直接的な類縁がないチョマ(苧麻,カラムシ),ボウマ(莔麻,イチビ),コウマ(黄麻,ジュート,ツナソ),アマ(亜麻),ケナフ(洋麻)などがある。タイマと同様これらの茎の表皮のすぐ下の部分(靱皮)から繊維が採れる。…

【麻織物】より

…天然の植物繊維である麻を使った織物。麻の種類や幹,茎,葉など採取する部分の相違によって種類,製法もきわめて多く,性能,用途も異なる。おもなものに亜麻(フラックス。織ったものをリネンと呼ぶ),苧麻(ちよま)(ラミー,カラムシともいう),大麻(ヘンプ),黄麻(ジュート,つなそともいう),マニラ麻,サイザル麻などがある。麻類はそれぞれ相違はあるが,多くは繊維細胞が集まって繊維束を形づくっており,繊維束の繊維素以外に表皮や,木質部,ゴム質,ペクチン質などを含有しているので,より細かく分繊して糸にし織物にするのが良く,ロープ,紐類などは繊維束をそのまま撚り合わせて使用する。…

【亜麻仁油】より

…アマの種子から得られる乾燥性の脂肪油。通常,圧搾法で採油する。…

【織工】より

…織物の製造に従事する職人。用いる材料によって,また織り方によって職種や職人のあり方は歴史的地域的に多様であり,〈織物〉〈絹織物〉〈毛織物〉〈綿織物〉などの項目も参照されたい。また日本の古代・中世の高級織物の織成に従事した〈織手(おりて)〉については別に独立項目がある。
[ヨーロッパ]
 織物生産は古来農家の副業として婦人によって営まれ,領主館や修道院では隷属民が亜麻布を生産していた。ドイツの商人たちはそれらをシャンパーニュの大市などに運んでいたのである。…

※「アマ(亜麻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマ(亜麻)の関連キーワードスターラヤルッサベリーキエルーキスタブロポリ地方ヤロスラブリ州マーラフェルトニジェゴロド州クドゥイムカルコミペルミャクリネン(亜麻)ノブゴロド州アルタイ地方アサ(麻)プスコフ州クリャブ州ペルミ地方コストロマチュメン州エストニアボログダ州ロストフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android