アミノグリコシド系抗生物質(読み)アミノグリコシドケイコウセイブッシツ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

アミノグリコシド系抗生物質

製品名
《カナマイシン硫酸塩製剤》
カナマイシン(Meiji Seika ファルマ)
《トブラマイシン製剤》
トービイ(ノバルティスファーマ)

 細菌が生育するのに必要な蛋白質たんぱくしつができるのを阻害し、細菌を死滅させる作用のある抗生物質です。


 この抗生物質はほとんど腸から吸収されないので、内服しても腸以外の臓器へ成分が届きません。そのため、おもに注射で用いられています。カナマイシン硫酸塩製剤は、大腸菌、赤痢菌、腸炎ビブリオなどの細菌に抗菌作用をもち、細菌性赤痢腸炎腸管手術後の感染予防乳幼児の下痢などに用いられます。トブラマイシン製剤は、嚢胞性線維症における緑膿菌による呼吸器感染症に伴う症状の改善に用いられます。


 カナマイシン硫酸塩製剤は、強力な殺菌作用があり、たとえば腸の手術前に服用し、手術中におこる感染を予防します。


①過敏症状(発疹ほっしん、かゆみなど)、脳神経障害(めまい、耳鳴り、難聴など)、急性腎障害がおこることがあります。このような症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。


カナマイシン硫酸塩製剤では、食欲不振、吐き気、下痢、連用時に難聴、腎障害などの症状が現れることがあります。このような症状が現れたら医師に相談してください。ビタミンB欠乏症、ビタミンK欠乏症などがおこることがあります。トブラマイシン製剤では、せき、咽頭炎いんとうえん、鼻炎、胸痛、喀血かっけつなどがおこることがあります。


 薬の効果と副作用出現の有無をチェックするために、医師から検査を指示されることがあります。指示された検査は、必ず受けてください。


①カプセル剤、シロップ剤、吸入剤があり、内服剤は食後の服用が原則です。1日あるいは1回の服用量、服用時間については医師の指示をきちんと守り、かってに服用を中止したり、減量・増量しないでください。トブラマイシン製剤は、吸入液です。使用量、使用回数、休薬期間については医師の指示をきちんと守ってください。


②血液中の濃度が一定でなければ効果がない薬なので、指示された時間ごとに使用することが大切です。


 かってに減量したり、使用を中止すると、薬が効かなくなるばかりでなく、症状を悪化させたり、新たな感染症を引きおこすことにもなってしまいます。


③問診の際にあらかじめ、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告するとともに、使用前に薬の効果と副作用について医師・薬剤師からよく説明を聞き、注意事項をきちんと守ってください。


 とくに、腸閉塞ちょうへいそく、腎障害、難聴、平衡感へいこうかん喪失そうしつ、腸管潰瘍かいよう、パーキンソン病や重症筋無力症といった病気がある人には、使用量を減らすなどの配慮をしないと、病状を悪化させることがあります。このような病気のある人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。


④以前にアミノグリコシド系抗生物質、バシトラシン製剤を使用して過敏症状をおこしたことがある人は、原則としてこの薬を使用できません。あらかじめその旨を医師に相談してください。


⑤高齢者や全身状態の悪い人は副作用が出やすいので、医師から使用に関して細かく注意されます。指示通り正しく使用してください。


⑥服用後に、聴力喪失(耳が聞こえない)、耳鳴り、耳のつまった感じ、めまい、排尿量の著しい減少、異常なのどの渇き、強い不安感などの症状がおこったときは、すぐに医師の診察を受けてください。


⑦使用中にほかの薬を使う必要が生じた場合は、必ず医師に相談してください。


 とくに、ループ利尿剤やバンコマイシンなどと併用すると腎障害が、麻酔剤、筋弛緩剤などと併用すると呼吸が抑制されるので、これらの薬剤との併用は避けてください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android