コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ酸発酵 アミノさんはっこう

3件 の用語解説(アミノ酸発酵の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アミノさんはっこう【アミノ酸発酵】

微生物を培養して各種のアミノ酸を生産させること。グルタミン酸発酵など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アミノさんはっこう【アミノ酸発酵 amino acid fermentation】

グルタミン酸,リジンなどのアミノ酸微生物による生産の総称。
[歴史]
 1956年木下祝郎らはL‐グルタミン酸を直接培地中に生成蓄積する細菌Corynebacterium glutamicumを発見し,グルタミン酸発酵の工業化に成功した。L‐グルタミン酸化学調味料としてずばぬけて需要の多いアミノ酸で,それまではコムギまたは大豆タンパク質の塩酸による加水分解法により製造されていた。グルタミン酸発酵の発見は単に化学調味料の製造法を革命的に一変させたというだけでなく,微生物によるアミノ酸の工業生産が可能であることをはじめて明らかにし,その結果として各種アミノ酸発酵の研究を盛んにしたという点において学問的ならびに産業的な功績はきわめて大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミノ酸発酵
あみのさんはっこう

微生物を培養し、微生物アミノ酸をつくることをいう。通常は細菌や酵母が使用される。
 通常の微生物の細胞内ではアミノ酸から必要量のタンパク質が合成される生合成過程をとるが、人為的に代謝機構を変換させることによって、異常にアミノ酸を多量に生産させ、菌体外に排出蓄積させることが可能となった。これは、1955年(昭和30)木下祝郎(しゅくお)(1915―2011)らによる研究成果であり、アミノ酸発酵とよばれる。この結果、いろいろなアミノ酸を、従来の方法より、安価で多量に製造できるようになった。さらに、化学合成物に微生物を働かせアミノ酸に変換することや、微生物酵素によってアミノ酸に変換することが可能となった。工業的に製造し、調味料、飼料、医薬品、サプリメントなど広く利用されている。[曽根田正己]
『相田浩・滝波弘一・千畑一郎・中山清・山田秀明編『アミノ酸発酵』(1986・学会出版センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノ酸発酵の関連キーワードグルタミン酸発酵トランスアミナーゼプロリングルタミン酸ナトリウム具留多味アミノ酸デカルボキシラーゼ酸性アミノ酸ジカルボキシルアミノ酸尿ピログルタミン酸ポリグルタミン酸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アミノ酸発酵の関連情報