アム・ダリヤ[川](読み)アムダリヤ

百科事典マイペディアの解説

アム・ダリヤ[川]【アムダリヤ】

シル・ダリヤと並ぶ中央アジアの大河。古称オクソス,ジェイフーン。ヒンドゥークシ山脈に発し,タジキスタンとアフガニスタンとの国境を流れるピャンジ川のほか,多くの支流を集めて北西に転じ,カラクム砂漠キジルクム砂漠を分けて,トルクメニスタン,ウズベキスタンを経てアラル海に注ぐ。全長2620km。カラクム運河などによって流域の灌漑(かんがい)が行われ,一帯は綿花の大生産地となっている。なお河口の三角州の西方にあるサリカミシュ低地からカスピ海まで大涸谷(かれだに)ウズボイがある。
→関連項目ウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンパミール高原ヒバホラズム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android