コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラ アラNiphon spinosus

世界大百科事典 第2版の解説

アラ【アラ( Niphon spinosus】

スズキ目スズキ科の海産魚(イラスト)。北海道からフィリピンまで分布する。多くの地方でアラ,関西でホタ,中国地方の各地でイカケ,長崎・熊本でスケソウなど地方により多くの呼名がある。体型は細長くスズキ(イラスト)に似るが,体色は背部は茶褐色で腹部は白色である。背びれは2基で,吻(ふん)は長くてとがり,歯は絨毛状で犬歯状の歯がない。成魚は沿岸のやや深い岩礁域にすむが,幼魚は砂泥底からも得られ,体側に3本の明りょうな褐色縦帯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アラの関連キーワードセルゲイ プロコフィエフヌルハチ(奴児哈赤)クエとアブラボウズオゴタイ・ハーン国酒井くにお・とおる横山たかし・ひろし海原はるか・かなたアグリッピナ(小)「百万本のバラ」ティールタンカラローマ国立美術館プラチナエイジホタ(海水魚)アウグストゥスボスコレアーレティペレアリハタ(羽太)パティアーラ海原かなたオキスズキ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラの関連情報