コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバ Sabas(Saba)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバ
Sabas(Saba)

[生]439. カイザリア近郊ムウタラスケ
[没]532.12.5. マルサバ
カッパドキア出身の聖人。幼少からカエサレア各地,パレスチナで修道生活をおくり,474年隠修士となる。 478年見神を経験,キドロンに移り,近くの隠修士たちとともにマルサバに共住修道院を建てる。またキリスト単性説を攻撃し,パレスチナ各地に多くの修道院を建立。彼の創設したマルサバ修道院はエルサレムと死海の中間に位置し,現代まで東方キリスト教修道院の典型となっている。祝日は 12月5日。

サバ

マサバ」のページをご覧ください。

サバ
Saba

カリブ海北東,小アンティル諸島にある島。オランダの自治体。中心集落ボトム。シントエースタツィウスの北西 26kmに位置する。シーナリー山(887m)の頂上部が残った島で,海食崖に囲まれている。内陸部の火山原に位置する集落まで,南側にある岩がちの船着き場から険しい道が通る。北東貿易風の風上にあたるため,年間降水量は 1125mmに達する。1632年にオランダ人が入植したが,経済的に繁栄することはなく,しばしば海賊の拠点となった。1828年,シントエースタツィウスとともにオランダ領西インド諸島となり,1845年にほかのオランダ属領と統合された。1954年,これらの植民地の名称がオランダ領アンティルと改められ,各島に自治権が与えられた。2010年10月のオランダ領アンティル解体に伴い,オランダの自治体となった。人口の約半数はアフリカ系,残る半数はヨーロッパ系。経済は観光に大きく依存し,家畜の飼育や,ジャガイモなどの野菜栽培が行なわれる。面積 13km2。人口 1737(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

サバ

 サバ科の海産魚.食用にされる.マサバ(Pacific mackerel,chub mackerel)[Scomber japonicus],ゴマサバ(spotted mackerel)[S. australasicus],タイセイヨウマサバ(Atlantic mackerel)[S. scombrus]などがある.45cmほどになる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

食の医学館の解説

サバ

《栄養と働き》


 マサバとゴマサバの2種類あり、マサバは背部に黒い縞(しま)の模様があり、体の断面はやや偏平。ゴマサバは腹部に黒い斑点が多数存在し、体の断面は丸い形をしています。旬(しゅん)も異なり、マサバは秋から冬、ゴマサバは夏です。どちらも全長は50cmほどで、重さは1~2kgの紡錘型(ぼうすいがた)。栄養豊富で安価な大衆魚です。
○栄養成分としての働き
 サバは「脂(あぶら)っぽい」というイメージがあるかもしれませんが、この脂こそ薬効成分。この脂にはIPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれているからです。
 IPAは血液中の血小板の凝集を制御し、血栓(けっせん)を溶解させ、血管を拡張する作用があるうえ、血中の中性脂肪濃度が高くなるのを制御し、血がスムーズに流れるようにします。その結果、動脈硬化、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳卒中(のうそっちゅう)、高血圧といった生活習慣病を予防することができます。
〈DHAには脳の働きを強める作用も〉
 DHAは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールをふやすほか、脳や発育の機能維持に効果があります。
 また、血栓(けっせん)(血のかたまり)の合成を促進するアラキドン酸を低下させ、血漿(けっしょう)中の中性脂肪も減少させるので、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脂質異常症などの予防や改善に役立ちます。
〈豊富なタウリンが心臓と肝臓をガード〉
 ほかの栄養素に目を向けると、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB群や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富といえます。
 そしてタウリンが多く含まれていることも見逃せません。タウリンは、交感神経制御作用があり、そのために食塩のとりすぎによる高血圧が改善されたり、脳卒中、心臓病などを予防します。また肝機能を高めてコレステロールの排泄(はいせつ)をうながします。
〈アレルギー体質の人は禁物です〉
○注意すべきこと
 サバは、アレルギーの原因になるヒスタミンがふえやすく、アレルギー反応を起こしやすい魚です。アレルギー体質の人がサバを食べると、じんま疹(しん)やぜんそく、腹痛を起こすことがあります。またアレルギー体質でなくても、体調の悪いときに食べるとじんま疹(しん)のでることがありますので、注意してください。

《調理のポイント》


「サバの生き腐れ」といわれるように、サバは水揚げ後、すぐに死後硬直を起こして、その後の自己消化が早く、細菌による腐敗が起きやすい魚です。
 目が澄んでおり、体の色が鮮やかで光沢があり、身がかたくしっかりとしていて、えらの赤いものが鮮度の高いサバです。
 なかでも「腹に金筋入り」を見かけたら刺身としておいしくいただけますが、なかなか出会えない高級品です。
 調理は塩焼きや味噌煮がポピュラーです。
 塩焼きは、塩を一度ふって30分ほどおいてから、味噌煮は酢をたらして身を引き締めてから煮ると、さっぱり味に仕上がります。

出典|小学館食の医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

サバ【Sabah】

マレーシアの一州。カリマンタン島北東部を占める。州都コタキナバル。もとイギリス保護領。ラワン材・ゴム・コプラを産する。旧称、北ボルネオ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

サバ
Amir Shcikh Sabah Al-Salem Al-Sabah


1913 -
クウェート国籍。
クウェート国王。
1955年クウェート最高執政評議委員を経て、’62年副首相となる。’63年から2年間首相を務め、’65年父である前国王の死去に伴い、’65年11月国王の座に即位する。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

サバの関連キーワードサンScomber japonicusサバンナ(アメリカ合衆国)シトラルテペトル[山]ブリヤ・サヴァラン聖サバス修道院サバティカルマレーシアアル・サバサバティエ北ボルネオ大西洋鮪丸宗太鰹大西洋鯖虞留久満キドロンヒラサバラワン材マニオクカッサバ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サバの関連情報