コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラタ体 アラタたいcorpus allatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラタ体
アラタたい
corpus allatum

昆虫に広くみられる内分泌腺。ここから出るアラタ体ホルモンは幼虫期に変態を抑制,前胸腺ホルモンとの協働作用で脱皮促進,成虫期では一般に卵成熟と関係する。発生的には大顎節と小顎節の境界部外胚葉が陥入移動したもので,側心体の後方に位置し,側心体とともに脳後方内分泌腺群を構成する。シミなどの無翅亜綱を除いて全昆虫にあるが,形状は一定せず,種によって,左右1対の中実球状のもの,癒合による不対のもの,胞状のもの,環状腺として存在するものなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アラタ‐たい【アラタ体】

《〈ラテン〉corpora allata》昆虫の頭部にある内分泌器官。脱皮のほか、多くの生理現象を支配するアラタ体ホルモンを分泌する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アラタ体【アラタたい】

大部分の昆虫に見られる内分泌腺。脳の後方,大動脈の両側に1対あり,球状。3種の幼若ホルモンを分泌する。このホルモンは前胸腺から分泌されるホルモン(エクジソン)と共同して幼虫期の脱皮をひき起こし,またゴキブリなどの成虫では,生殖腺の成熟に関与している。
→関連項目変態ホルモン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラタたい【アラタ体】

昆虫の脳のうしろに続いている1対のほぼ球形をした腺性内分泌器官で,ハサミトビムシ類を除く無翅(むし)昆虫にはない。種によっては癒着合一したものや側心体,前胸腺相同器官と対合して一つの器官を形成するなどの諸形態がある。側心体を含めて脳後方内分泌腺群(あるいは内分泌系)と総称される。アラタ体を初めて記載したのはリヨンP.Lyonet(1762)で,その後corpora incertaとよばれたこともあったが,現在はヘイモンスR.Heymonsによるcorpus allatumの名称が用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アラタたい【アラタ体】

昆虫類の脳後方にある内分泌器官。前胸腺ホルモンとの相互作用で脱皮や幼虫形質の保存に関与する幼若ホルモンなどを分泌する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラタ体
あらたたい

昆虫(無翅(むし)類を除く)の脳後部に終生みられる微小な内分泌器官。原名corpora allata(複数)は「運ばれてきた小体」の意。これは、胚(はい)期にあご付近の外胚葉から陥入した1対の細胞塊が脳後部へ移動し、側心体とよばれる腺(せん)性小神経節を介して脳につながることに由来する。昆虫により、その形状、脳後部でのあり方、あるいはその構成細胞の数、形態などはさまざまに異なっている。一般には小球状のアラタ体が食道背面を走る動脈の左右に振り分けられている。脳の関与のもとにアラタ体ホルモンを分泌し、昆虫の成長、卵成熟、体色調節などいろいろな機能の調節に働く。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラタ体の関連キーワードジフェニルエーテル殺虫剤昆虫ホルモン成虫原基相互作用完全変態昆虫類カイコ化性