コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア石油 アラビアせきゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア石油
アラビアせきゆ

油田開発をおもに行なう石油会社。1957年に日本輸出石油が,サウジアラビアクウェートの中立地帯における採掘権を,サウジアラビアから獲得した。翌 1958年に「アラビア太郎」と呼ばれた山下太郎がアラビア石油を設立して,日本輸出石油のサウジアラビアにおける利権を継承した。同 1958年にクウェートからも採掘権を獲得し,1960年にカフジ油田発見に成功した。1991年の湾岸戦争では 4ヵ月間の操業停止を経験しながら,自主開発原油の供給に貢献してきた。しかし 2000年にサウジアラビア,2003年にクウェートの採掘権が失効し,以降はクウェートでの技術サービス契約に基づく操業のほか,メキシコ湾やエジプトなどでの資源開発を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アラビア石油の関連キーワードアハメド・ザキ ヤマニサファニヤ・カフジ油田アラビア石油[株]アラビア石油(株)アザデガン油田日本の石油開発石油自主開発石坂 泰三水野 惣平山下 太郎中山素平桜田 武富士石油小林 中水野惣平小長啓一小林中

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android