コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラルコン Alarcón, Pedro Antonio de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラルコン
Alarcón, Pedro Antonio de

[生]1833.3.10. グアディス
[没]1891.7.10. バルデモロ
スペインの作家。代表作は民間に伝わる歌謡に取材し,アンダルシアの農民と代官の恋のさやあてを描いた短編『三角帽子』 El sombrero de tres picos (1874) で,のちにファリアによってオペラ化 (1919) された。ほかに小説『醜聞』 El escándalo (1875) ,『勇者』 El niño de la bola (80) ,モロッコ戦争参加の記録『アフリカ戦争従軍記』 Diario de un testigo de la guerra de África (59) 。

アラルコン

ルイス・デ・アラルコン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アラルコン

スペインの小説家。過激な評論家として文学活動を始めたが,決闘事件を機に保守的になった。アンダルシアを舞台にした名作《三角帽子》で知られる。民間伝承に基づいたこの小説は,粉ひきルーカスの美しい妻フラスキータに言い寄る老町長を諷刺的に描いたもので,木下順二の《赤い陣羽織》はこれを翻案したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラルコン【Pedro Antonio de Alarcón】

1833‐91
スペインの作家。グラナダ県のグアディス生れ。テンポの速い,地方色豊かな中・短編小説を得意とした。過激な評論家としてスタートしたが,決闘事件(1854)を契機に保守へ変節。《アフリカ戦争従軍記》(1860)や《マドリードからナポリへ》(1861)の紀行物を発表し,ロマン主義と決別。代表作《三角帽子》(1874)は《市長と水車小屋のおかみ》という古いロマンセ(伝承歌謡)にヒントを得たもので,気品と躍動感にあふれ,ロマンセを文学に高めた傑作である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アラルコン【Pedro Antonio de Alarcón y Ariza】

1833~1891) スペインの小説家。古いロマンセ(伝承歌謡)を踏まえた代表作「三角帽子」など軽快で地方色豊かな中、短篇を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアラルコンの言及

【スペイン文学】より

…その後,ベガの流れをくむすぐれた劇作家が輩出した。なかでも《セビリャの色事師と石の招客》によって,漁色放蕩の伝説的人物ドン・フアンを演劇の中に定着させ,それ以降各国で生まれることになる無数のドン・フアン劇の創始者となったティルソ・デ・モリーナ,《疑わしき真実》により17世紀フランス古典劇に影響を与えたルイス・デ・アラルコンが重要である。そして〈黄金世紀〉の棹尾(とうび)を飾る巨人がカルデロン・デ・ラ・バルカで,バロック期特有の凝った文体や舞台構成を用いた哲学的な《人生は夢》と平民の名誉を描いた《サラメアの村長》はスペイン演劇の最高峰に位置するものである。…

※「アラルコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラルコンの関連キーワードリカルド アラルコンラテンアメリカ文学カストロ後継問題カストロ後継論スペイン文学スペイン演劇コルネイユエクアドル3月10日会田 由フカル川タスコ軽快

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラルコンの関連情報