コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリスタルコス Aristarchos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリスタルコス
Aristarchos

聖人。テサロニカの人。パウロの弟子。パウロに従ってローマへ行く。『コロサイ人への手紙』 (4・10) および『使徒行伝』 (19・29,20・4,27・2) に言及されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アリスタルコス【Aristarchos】[古代ギリシャの天文学者]

[前310ころ~前230]古代ギリシャの天文学者。サモスの人。地動説を提唱、コペルニクスに強い暗示を与えた。

アリスタルコス【Aristarchos】[アレクサンドリアの文献学者]

[前217~前145]アレクサンドリア文献学者。サモトラケの人。ホメロスなどの注解をした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アリスタルコス

アレクサンドリアの天文学者。サモス島の生れ。地球や惑星が太陽のまわりを公転しているとする太陽中心の宇宙体系の創案者。地球の自転と公転を最初に考案した人物とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アリスタルコス【Aristarkhos】

前310頃~前230頃) 古代ギリシャの天文学者。サモス島の人。地動説をはじめて提唱。
前217頃~前145頃) アレクサンドリアの文献学者。サモトラケ島に生まれた。ホメロス・ヘシオドス・アルカイオス・ピンダロスなどのテキストを校訂・注釈した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アリスタルコスの関連キーワードアリスタルコス(数学者、天文学者)アリストファネス[ビザンティンの]ディオニュシオス[トラキアの]アリスタルコス[サモスの]アレクサンドリア図書館アレクサンドリア学派天文学史(年表)コペルニクス体系ヘロディアノスギリシア科学アポロドロスヘシュキオスサモトラケ島ディデュモスアナクレオンオーピッツ太陽中心説ヘロドトス月(衛星)ヘレニズム

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android