コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリルアルコール allyl alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

アリルアルコール【allyl alcohol】

最も簡単な不飽和アルコール。化学式CH2=CHCH2OH。無色で刺激臭のある液体。融点-129℃,沸点96.90℃,比重0.8520(20℃)。水,アルコール,クロロホルム,エーテル,石油エーテルによく溶ける。数年間放置すると水に不溶の重合物が生成する。酸化すればアクロレイン,グリセリン,さらにギ酸,シュウ酸などに変わる。酸化アルミニウム,酸化亜鉛,銅などの高温接触作用によってプロピオンアルデヒドCH3CH2CHOに異性化する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アリルアルコール【allyl alcohol】

刺激臭のある無色の液体。化学式 CH2=CHCH2OH プロピレン(プロペン)を原料として合成する。グリセリンの製造に用いられ、合成樹脂・香料・化学薬品などの製造中間体としても重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリルアルコール
ありるあるこーる
allyl alcohol

不飽和アルコールの代表的なものの一つ。2-プロペノール、ビニルカルビノールともいう。無色の刺激臭のある液体。プロピレンの酸化により得られるプロピレンオキシド(1,2-エポキシプロパン)を経て合成する。引火しやすく蒸気は爆発性がある。酸化するとアクロレインやグリセリンとなる。合成樹脂、香料、化成品の原料として、また溶剤として用いられる。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリルアルコールの言及

【グリセリン】より

…合成法はいずれもプロピレンを原料とするもので,代表的製造工程は次の4通りである。(1)プロピレンCH2=CH-CH3を500~530℃で塩素に結合させ塩化アリルCH2=CH-CH2Clとし,苛性ソーダを用い150℃,14kgf/cm2,pH2~10で加水分解してアリルアルコールCH2=CH-CH2OHとする。次に次亜塩素酸水HOClでクロロヒドリン化し,再びアルカリで加水分解してグリセリンとする。…

※「アリルアルコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アリルアルコールの関連キーワードアリルアルコール(データノート)シンナミルアルコールアクリルアルデヒド酸化アルミニウムクロロホルムシャープレスワセリンシュウ酸鯨蠟軟膏木酢