コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリ塚(蟻塚) ありづかant hill

世界大百科事典 第2版の解説

ありづか【アリ塚(蟻塚) ant hill】

アリやシロアリ類地中から地上へ小高く盛り上げてつくるで,内部は多数の小室と入り組んだ通路からなり,女王を中心に数万以上の構成員が社会生活をしている。アリ類でをつくる種は少なく,日本ではエゾアカヤマアリが北海道から本州中部山地にかけて分布し,カラマツ林や草地などに針葉樹の葉や枯枝,土などを積み上げて塚(最大,直径2m,高さ50cm)をつくる。この塚はその下にある巣の延長としての機能のほかに,巣の保温と雨水浸入を防ぐ働きがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアリ塚(蟻塚)の言及

【シロアリ(白蟻)】より

…網目状のアリ道は土壌の通気性や浸透性をよくし,これらの働きを通じてミミズ同様の働きをしている。熱帯地方にあるアリ塚には木がよく生育し,アフリカの草原ではシロアリがいなければ森林は再生しないといわれている。シロアリは食物の消費や巣への排出物などの蓄積,シロアリ自身を他の動物の食物とすることなどで物質循環に大きな役割を果たしている。…

※「アリ塚(蟻塚)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android