コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカディウス アルカディウスArcadius, Flavius

5件 の用語解説(アルカディウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルカディウス
アルカディウス
Arcadius, Flavius

[生]377頃
[没]408
ローマ皇帝 (在位 383~408) 。テオドシウス1世から帝国の東半分を与えられ,帝国分裂後の東帝国初代皇帝となったが,ルフィヌス,エウトロピラス,アンチミウスらの側近に実権を握られ,外政面ではゴート人の侵入を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルカディウス(Arcadius)

[377ころ~408]東ローマ帝国の初代皇帝。在位395~408。父テオドシウス1世の死後、弟のホノリウスローマ帝国を東西に分離、自分は東半分を統治した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アルカディウス【Flavius Arcadius】

377‐408
ローマ帝国東帝。在位383‐408年。テオドシウス1世の長子。383年父からアウグストゥス位を授与され,395年父帝の死により帝国東部の支配者となる。しかし,ルフィヌスエウトロピウスアンテミウスなどの廷臣に統治の実権を握られ,また妃エウドクシアにも特に内政面で強い影響力を振るわれて,キュレネのシュネシオスがその《君主政論》(399)で説いたような主体性を欠いていたため,政情は乱れた。【後藤 篤子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルカディウス【Arcadius】

377頃~408) 東ローマ帝国の最初の皇帝(在位395~408)。テオドシウス一世の長子で、弟ホノリウス(Honorius384~423)と帝国を分割統治した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカディウス
あるかでぃうす
Flavius Arcadius
(377ころ―408)

ビザンティン帝国皇帝(在位395~408)。383年父帝テオドシウス1世によりアウグストゥス(正帝)の称号を受け、394年にローマ帝国の東部を委託された。翌395年父帝の死後、弟ホノリウスと帝国を分割統治、彼は東ローマの皇帝となった。しかし病弱で政治にほとんど影響力をもたず、実権は妃エウドキシアや側近のルフィヌス、エウトロピウスらの手中にあった。彼らはダキアマケドニアの帰属をめぐって西ローマ帝国の最高司令官でゲルマン人スティリコと対立したが、この東西の不和を利用して396年アラリック率いるゲルマン民族西ゴート人が帝国内に侵入、略奪を行い、一時コンスタンティノープルを占領されるなど、5年にわたり治世が乱れた。[島 創平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルカディウスの言及

【ローマ】より

…392年,フランク人出身ローマ軍司令官アルボガストを後ろ盾に,ウァレンティニアヌス2世(在位375‐392)を除去してローマに蜂起したエウゲニウスの簒奪(在位392‐394)は,テオドシウスによって鎮圧された。
[西ローマ帝国とその滅亡(395‐476)]
 テオドシウスの死(395)後,帝国の東半分をその長男アルカディウス(在位383‐408)が,西半分を次男ホノリウス(在位393‐423)が分治した。この分治の当初は従来しばしば行われた分治と同一性格のもののはずであったが,これ以後の両帝国の政治関係,侵入異民族との異なった関係などのゆえに,両帝国はしだいに独自の道を歩き始める。…

※「アルカディウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アルカディウスの関連キーワードアルカディウスアルカディウスタクシン政権特待生問題保活タクシン政権オウム真理教犯罪被害者救済法宮崎県の口蹄疫ロイヤルホスト労災死亡事故

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone